Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 22日

kazzアンプ岡本号2号機 発進

d0138082_6353150.jpg

kazzアンプ 2号機が先週末に届きました。
kazzアンプ 2号機は、1号機とペアーでメインシステムのウーハーを駆動することを目的に作られました。
構想から数年の歳月がかかりましたが、それまでに試されたアンプは何種類あったかな。

1号機は417A→421Aのパラシングル
なので、4パラシングルなんて構想もあったね。

一旦は421Aのプッシュプルで製作に入ったのですが、私の爆音モードではパワー不足なのではと
kazzさんが判断し、今回のアンプの構想が浮上しました。

 1号機の対となるアンプなので、初段管は1号機と同じ417Aです。

出力管はラックスのMQ36に使われている6336Aまたは6528です。
6336Aは421Aと同じ双3極レギュレーター管で、421Aの兄貴と行ったところです。
d0138082_821594.jpg

今回はウーハーでの使用を前提としているので、より駆動力のあるプッシュプルです。

 アンプの試作とパーツの選択。また、完全オリジナルの自作シャーシの構想
1号機以上にデザインにも、こだわりを感じます。
 内部も凄いんですよ。音楽信号はコンデンサーを通らないのは1号機と同じ
トランスを使った位相反転回路と発熱パーツを冷却するシステム、ノイズの軽減と配線の最短化を実現した立体構成などなど、通常の真空管アンプとは一味も二味も違う噛めば噛むほど美味しいアンプに仕上がっています。
 
[PR]

by okamoto-arch | 2011-11-22 08:20 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by 狸爺 at 2011-11-22 09:31 x
おッ、いいんではないのぉ〜。雰囲気有りますねぇ。
大阪・日本橋のある音響店で旧い真空管アンプを売っておりましたが
何か欲しくなっちゃった。
こちらは、雨続きでしたが今朝から晴れて来ました。
Commented by okamoto-arch at 2011-11-22 17:47
狸爺さん 先日は遠く、はるばるお越し頂き、恐縮しております。

真空管アンプ良いですよ。
しかし、私は古い真空管アンプには興味がありません。

kazzアンプはデジタル時代でも使える正確で音楽性があるアンプです。

まだまだ、実力を検証するだけの環境が整っていないので、時間を掛けてゆっくり検証して行きますので、気長にお付き合いください。


<< VoyageMPD ALIX ...      初冠雪 >>