2011年 11月 04日

安定化電源

 我が家にある2台の安定化電源はオークションで激安で落札したものです。
3年前かの内部を覗いてみました。
先ずは、ALIXの電源として使っている高砂製作所製のケースを開けました。



d0138082_3133562.jpg
汚い~!!!!
なんだこりゃ。
シャーシはかなり錆び錆です。
火事にならなくて良かった。

火事になら無い程度にクリーニングをして

d0138082_428672.jpg



元に戻したつもりが・・・・・・・・

負荷を掛けて、電圧を上げても、電圧が上がらない。
負荷を掛けなければ、電圧計の針は上がります。

どうしてかな


追記
安定化電源の細部をじっとにらんでも、どこも異常なし
トランジスタが逝かれたのかな
でもな 外して掃除して戻しただけだし
基盤部分は安定化電源の底にあったので、さほど誇りもなかったので
触って無いし

残るは基盤の裏
基盤の裏面をアルコールでクリーニング

おっと、不安定ながら、電圧が上がった。
ブルーのソケットと基盤の接点部分を集中的にクリーニング

かなり汚れておりました。

基盤を戻して

電源を入れ、電圧を上げると

何事もなかったように電圧が上がりました。

クリーニングした際の赤錆が接点に落ちたようです。

お騒がせしましたが、一件落着です。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-11-04 05:21 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by asoyaji at 2011-11-05 17:16 x
うわあ!汚い!しかもやっちゃいました?

以前、古い山水の中古アンプを買って、一応音はでたのですが、中を開けたら同じような埃だらけで、つい掃除をしたところ、とうとう音がでなくなったとういう悲しい出来事を思い出しました。

掃除でかろうじてくっ付いていた半田クラックを触ってしまい、接触不要となった。可変抵抗を触ってしまい接触不良となった。いろいろ考えられますが、ちょっと面倒なことになりましたね。
Commented by okamoto-arch at 2011-11-06 03:35
asoyaji さん こんばんは
同じような経験をされているんですね。

がしかし、安定化電源復活しました。(^0_0^)
クリーニングした際に落ちた錆が原因だったようです。

基盤をアルコールでクリーニングしたら、電圧が上がるように
なりました。

基盤とブルーのソケットの接点部分(写真の裏面)をクリーニングして
直りました。
大事に至らなくて良かったです。

この電源は50Vまで、取り出せるので、使いみちが色々有るんだな


<< 中国製アンプ      buffaloIII第2幕その... >>