2011年 07月 05日

DON CHERRY

ドン・チェリーDON CHERRYのCDを3枚購入した。
BROWN RICEはLPで持っているが、他の2枚は始めての購入である。

実はfree JAZZ好きの私はドン・チェリーが好きなんです。
スレンダーで長身の彼が、何故ポケットトランペットを吹くようになったのか知らないが
彼が持つと、より小さく見えてる。
トランペッターとしては、さほど評価している訳ではないが、彼の音楽が大好きなんです。

でも以外と彼のレコードを持っていない。CDに至っては3枚しか持っていない。
最近、アナログが休眠状態なので、ドンチェリー聞きたい病にかかってしまい
急きょ、3枚のCDを購入したという訳だ。

取り合えず、BROWN RICEだけでも、病魔を押さえられただろうが、
HMVのマルチバイを使うとお買い得なので、安いHEAR&NOW と
ART DECOを購入した。
d0138082_8113491.jpg

HEAR&NOWはLPでも持っているが、ART DECOは1989年の録音で
発売時に聞いてがっかりし、購入しなかった。
何故、がっかりしたかというと、普通のJAZZだったからである。
私が、DON CHERRYに求めていたものは、普通のJAZZでは無かったからだ。

でも、今回は安いというだけで、購入してみた。
CDPがないので、リッピングしないと聞けない。
しかし、面倒だ。リッピングして、そのデーターをUSBのHDにコピーして
VoyageMPD PCにつながなければならない。
やはり、isoyajiさんが言われるように、ナスは必要ですね。
ナスと聞いて、野菜のナスを連想する人も多いと思いますが、
(VoyageMPDをやっている人やPCに詳しい人は知っていると思いますが)
LANに直接接続出来るHDDでなんです。
私も、つい最近まで、知りませんでした。NAS(ナス)で検索してください。
話しが、大きく脱線してしまいました。^_^;

20年前に(あれからもう20年も経つのかと唖然)聞いたのは、
その頃、週に4日ほどは通っていたYorkというJAZZ 喫茶。
高校2年のころから、行き出したJAZZ喫茶で、通いだした頃は片町にあり、
窓の無い真っ暗なお店で、A7とアンプジラとガラードでガンガンJAZZをかけていた。
私のオーディオ感はよくも悪くもこの店の音。
ART DECOを聞いた20年前は香林坊日銀裏に移っていて、A7の音では無かった。

VoyageMPDで久しぶりのART DECOを聞いた。
印象だけしか残っていなかったが、大して来たいもせずに聞いた。

何とも粋でよく歌うミュート
テナーのJames Clayもいいな。James Clayは始めて聴く名前。
なかなか粋なサックス奏者です。
正真正銘のMODEN JAZZ。しかもかなりの名盤です。
BILLY HIGGINSもよい意味で古い。ここでこんな音が欲しいと思うところで
ちゃんとぱたぱたしてくれる。お決まりのスタイルなところがよい。
昨日から、もう5回も聞いてしまった。
第2期マイルスクインテット-ピアノかと勘違いしてしまうほど、MODEN JAZZなのである。

なんだか、落とし物をひらって得した気分です。

宇宙を感じるDON CHERRYの音楽と一緒にART DECOも聞いてみませんか
[PR]

by okamoto-arch | 2011-07-05 08:16 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 太郎丸のケーシング その5      太郎丸のケーシング その4 >>