2011年 05月 13日

DENON POA-3000

d0138082_7255994.jpg
昨日、近所のT氏のDENONのPOA-3000を頂いた。
250W+250WのA級アンプ
どのように使うか。

消費電力も多いし、発熱も凄い。
今となっては、時代に逆行したアンプである。

中を覗くと
目茶苦茶デカイトロイダルトランス。
d0138082_7323922.jpg

直径15cm高さ14cmのケースに入っている。
規格はまだわからないが、かなりの容量が有りそうです。
目を引くのがヒートシンク
片チャンネル2個
よほど発熱が大きいんでしょうね
ヒートシンクに挟まれているので、電源部のノイズもかなり回避出来る。
これは、参考になるレイアウトです。

ヒートシンクの切断面が赤茶色です。
アルミが焼けるとこんな色になるのかな
それとも銅かな
銅のヒートシンクだたら嬉しいな
こんなの始めてだもん

このアンプ、どう使うか

中断しているIC8パラアンプが最有力
フロントのメーター部分の利点を活かして、真空管DAC華子のケースに使う手もある。
真空管の明かりが見えるのも、良いかも

どちらが良いかな
[PR]

by okamoto-arch | 2011-05-13 08:02 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by 狸爺 at 2011-05-13 10:01 x
あの「じじ」でして、「じじぃ」ではないので、ご了承下さい。
勝手な思い込みで、失礼でした。
当時は、デンオンでしたね。このパワーも良いですが、三菱電気のパワーも好きでした。
アキュのプリと組み合わせてました。その後は、アンプジラやマッキンに走ってましたね。
羨ましい。
Commented by aitoyuuki32 at 2011-05-13 19:03
着色アルマイトは何色にでもOKなので、デザインで赤茶色にしたのでしょうね(^-^)

それにしても高級そうなフィルムコンデンサが並んでますね^^v
Commented by okamoto-arch at 2011-05-13 20:15
狸爺(じじ)さん (^0_0^)
こんいちは。
当時から高級なアンプを使われていたんですね。

私なんぞはパイオニアのプリメインアンプでした。
たしか6万ほどだったかな。

その後のアンプ遍歴も凄いですね。
私はSONYのプリメイン→アキュフェイズP360→マッキンのMC2500と続き、その後真空管アンプに移行しました。
MC2500は今も現在です。
パワーアンプはメーカーの個性が出て面白いですね。
私はMC2500と真空管アンプが好きだな。
Commented by okamoto-arch at 2011-05-13 20:24
aitoyuuki32さん いつもありがとうございます。
ヒートシンクの切り口ですが、片方は濃い茶に着色されていますが、
左はヒートシンクの切り口はアルミそのものが、発色しているような感じです。
カラーステンのような感じに見えます。
着色が取れたのか、もともとこのような仕上げだったのか
それとも、変色したのかはわかりません。
電解コンデンサはパンクしそうな感じのものもあります。
フィルムコンは結構大きいです。

フィルムコンは、部品取しようかな
Commented by Kazz at 2011-05-14 08:00 x
アンプとしての機能を失っているのでしょうか?
バラしちゃうのはチト勿体ない気がするのですが・・・
Commented by okamoto-arch at 2011-05-14 08:17
kazzさん おはようございます。
アンプとしては、機能します。
音も出ていました。1年ほど前ですが

このアンプ 真空管アンプ以上に熱いです。
845pp程度の熱は出るかな

馬鹿でかい、電解コンデンサはもうやばいです。

安心して使えるようにメンテナンスするのは、結構大変です。
私にはできないし

近所のT氏はいらないらしいし。
音も良くなかったし

華子の移植がいいように思っているのですが
Commented by 狸爺 at 2011-05-14 09:53 x
最初は、山水のプリメインでパイオニアのspでした。ちなみにターンプレイヤーは、デンオンです。BASICでいきましたね、最初は。
或る時、仕事先の公認会計士さんがオーディオの話になったら、いつも寡黙な方が、親子ほど歳の違う私を家に招待してくれてみせてくれたシステムが、凄かった。
マッキンのプリとパワーに、A7でした。ターンターブルのみデンオンでした。
その時、オルトフォンのヘッドを頂いたのが、私の始まりでした。給料の半分は使ってましたね、飯もそこそこにしてね。
Commented by okamoto-arch at 2011-05-15 09:17
最初が山水ですか。出だしから違うな。

オルトフォンのヘッド(ヘッドアンプかな)をくださった公認会計士さんは
罪作りですね。
狸爺さんの人生を変えてしまったんですね。

私がオーディオに入り込むきっかけは、JBLの4320かな。
4320を鳴らすために、パワーアンプをアーキュフェズに替え、プリを購入。
なかなか、鳴らしきれなくて、マルチに挑戦
ドライバーを鳴らすアンプを模索するうちに、真空管アンプに出会い
300B 300B+845 EL34pp そしてKAZZアンプにたどり着きました。

次のステップに進まなければ


<< UbuntuStudioの再生...      UbuntuStudioの再生... >>