Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 04日

やなさんDAC 4機種

d0138082_19422742.jpg


やなさんDAC4機種を試聴させて頂いております。

ありがたや ありがたや
仕事場のチープなシステムで音の違いがわかるだろうか
それなりに良い音だが、モニター的ではない。

d0138082_19434829.jpg

やなさんDAC4機種と太郎丸の音を比較試聴
太郎丸の音は元気いっぱい、ちょいと派手な感じです。
太郎丸もやなさん製作もDAC
今回やなさんにプチ改造してもらうことにした。
改造中、やなさんの近作DAC4機種をお借り出来る事になったという訳です。

4機種のインプレは後日ゆっくり
今は、音楽を聞く事に専念します。
[PR]

by okamoto-arch | 2011-04-04 19:43 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by aitoyuuki32 at 2011-04-04 20:34
これは面白そうな企画ですね~、DAコンバータ違いの比較、興味深々^^v
Commented by okamoto-arch at 2011-04-04 22:16
aitoyuuki32さん こんばんは 
この企画面白過ぎます。
たまりません。
自分自身を試されているような企画です。

どれも、レベルの高いDACなので、事務所のシステムではDACの性能を判断しきれないですね。
好みの差というのでは、ちと寂しいインプレなので、体制を整えてインプレを書きたいと思います。
Commented by 係長 at 2011-04-06 01:31 x
Okamotoさま

今回の記事の内容とは何の関連性もないので恐縮なのですが、一応ご報告です。
一昨日、UbuntuStudio 10.10にてUSB Dual Audio 基板での再生に成功しました。
カーネルは64bit、再生ソフトは「aplayex」です。

実を申しますと昨年の初頭からUbuntuでの再生に取り組んではいたのですが
DACがFireWireだったため、ディストリビューションの整合性の壁に阻まれて
うまく行かず、挫折していました。
今回はデバイスがUSBなのでバッチリうまく行きました。
ただ、この基板はUbuntu 10.10でないと認識してくれません。

音質についてですが、私の現環境と比較するとややふくよかで響きが艶っぽい
感じですね。クラシックを聴くと特に良いです。
それと比べるとMac環境のほうが細身でやや硬質な印象です。
ただ、残響音の鮮烈さとか広がり感ではMac環境に軍配が上がり、今のところ
どちらが良いとは断定できません。(これは32bitでも同様の印象でした)
まあ、私のMacは相当弄り倒してMLT Blackに合わせてますから、一般的な
比較には全然ならないのですが(笑)

はてさて、どうなりますことやら・・・。
Commented by okamoto-arch at 2011-04-06 09:54
係長さま UbuntuStudioにも挑戦されていたんですね。
私は色々ご教授頂いたMLT Black と、UbuntuStudioをiMacで外付けHDから立ち上げて比較試聴しました。
外付けのHDの性能も良くなかったのかもしれませんが、
iMacではUbuntuStudioの音は良く有りませんでした。
iTunesやMLTの方が良かったです。
同時期にwindows機でもUbuntuStudioを鳴らしていました。
こちらの方はiMac+MLTよりも、私好みでした。
それ以降、iMacでの音楽再生は止め、いろんな構成のPCにUbuntuStudioをインストールして音の違いに一喜一憂し現在に至っております。
その過程で、UbuntuStudioは基本的にある程度PCの能力がないと本来の性能が発揮されないことがわかりました。
また、ケースや電源やファン MBにCPUなど多くのパーツが音に影響を与えます。
今の私のメインPCもUbuntuStudioでの音楽再生に特化し、ハードウエアーの調整をしてきました。
ハードウエアーで音が変えられるところが、何ともアナログ的楽しみとなっております。
でも結局、ノイズ・振動・電源という当たり前の事が、もっとも大切だと再認識させられました。
ちょっと、遠まわりし過ぎたかな。

Commented by 係長 at 2011-04-06 16:16 x
Okamotoさま

ご存知の通りMacにはハードウェア的自由度が全くないので、音を良くするのも
なかなか大変です。
表示設定やFinderの終了に始まって、言語リソースの削除やらUniversal Binaryの
intel化、DashboardやSpotlightを無効化したり特殊なソフトを使って内蔵のHDDと
DVDを強制的にスリープさせ、CPUも1.6GHzまでダウンクロックさせました。
あげくの果てはシステムフォルダの中のファイルまで削除したりと、まあいろいろ
やりましたねえ(笑)
でもこれって結局おっしゃってる通り「ノイズ・振動・電源」にすべて結びつく
ことなんですよね。
やはりオーディオはデジタルであっても基本的なことが大切だと感じます。

話は飛びますが、上の写真の下から2番目の「PCM1704 x 8」って書いてある
DAC・・なんか凄そうですね。
Commented by BB at 2011-04-06 17:45 x
子供の受験やら入学やらでバタバタしてましたが、ようやくオーディオ
にもお付き合いできそうです。 いや~、この試聴は、面白すぎ!
聴いてみたい人も多いかと 。 今年のナゴヤ軍団の遠征はいつごろ
になるのかなあ?とりあえず詳細なインプレ楽しみにしていますよ~
Commented by okamoto-arch at 2011-04-06 19:27
係長さん 
私にはMacで追い込んでいくだけの知識がないので、断念してしまいました。
多分、OSを含めて目指すところは同じだと思います。

PCM1704x4 DAC
滅茶 良いです。
ある意味、とても凄いことなんですが、自然な音です。
同じ電源で4台のDACを聞き比べると、DACの差が見えてきます。
アンプ部やフィルターなどは、それぞれのDACによって違うので、
DACチップの評価は出来ませんが、DACとしての評価は4機種の中で
一番PC1704x4が素敵だと思います。
情報量もあり、中低域がはずみます。制動が効いている感じです。
帯域,バランスもよく、音楽を聞いていて楽しくなります。
他の3機種も1704を聴かなければかなり良いのですが・・・・・
Commented by okamoto-arch at 2011-04-07 01:34
BBさん こんばんは
お子さんが受験だったんですか
我が家はもうしばらく先になりますが、こんなことをやっていられるのも
それまででしょう。

DACの聞き比べ楽しいですよ
OSRやフィルターなどの機能もあるので、1台のDACでも数種類の音が聞けます。

でも、どのDACもとてもレベルが高いので
ついつい音楽に聞き入ってしまいます。

名古屋軍団の遠征予定はいつ頃かな
オーディオルームをそろそろなんとかしなければいけないのですが
最近、肩が痛くて重いものが持てません。
もうしばらく時間が掛かりそうです。


<< 新学期      音質改善のためのレイアウト >>