Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 19日

Ubuntu STUDIOの聞き比べ(3台のPC )

Ubuntu STUDIOの再生環境について、先ずはパソコンの構成が音にどのように影響するのか、
改めて検証してみる事にした。
 最小限の原資での検証なので、ここでの結果はあくまでも目安程度です。
しかも、最近はオーディオルームへ行く時間が取れないので、仕事場でも検証なので
大型システムでは、違った結果になる可能性もあります。

前置きはそれくらいにして、今回音比べのために、3台のPCを用意した。
d0138082_3495121.jpg

左からアルミン スパーサブ DELL_STUDIOと勝手にネーミング

アルミン
d0138082_354279.jpg
d0138082_355173.jpg

ケースと電源はT氏からの頂きもので、ケースはアルミ製
ネーミングの由来は単にアルミケースだから
部材が薄く強度不足
電源はFANコントローラーが付いているが、詳細は不明。共にかなり使い込まれている。

MB:GIGABITE GA-H55M-D2H(m-ATX)
CPU:Core i3 540 Box (LGA1156)
メモリー:2G(中古)
HD:40G ATA(使い古し)

マザーボードをGIGABITE にした理由は、USBへの給電能力が従来の3倍となっているためである。
USB_DACや外付けHDなど、USBを多用する予定だから

CPUはあれこれ、迷ったが、core i シリーズがエントリーされていないと、
検証実験そのものの意味があまりないように思えたので、
クリスマス プレゼントとして購入した。

core i3 540 のパフォーマンスは如何に
ビデオ関係がCPUに内蔵され点がポイント


スパーサブd0138082_3564892.jpg
d0138082_422923.jpg 

以前仕事で使っていた鉄ケース。データー保存用及び、緊急時のスパーサブだったので、
そのまんま、ネーミングとした。
MB:FOXCONN N15235(ATX)
CPU:core DUO2 E8500(LGA775)
HD:40G 2.5 SATA
メモリ:1G


以前T氏にE8400をお借りした際は最高のパフォーマンスだったので、
E8200を購入し、妻のパソコンのE8500と交換。
E8200とE8500の差が仕事に影響する事はないが、音への影響はあるはず。


DELL STUDIO
d0138082_428890.jpg
d0138082_4282019.jpg

仕事用に購入したが、windows XPとの相性が悪く、抜け殻となっていましたが、
PCオーディオ熱が再発したために復活。
パソコン名もSTUDIO。Ubuntu STUDIOとはなんの関係もないが、偶然にしては出来過ぎ。
電源は450Wタイプに交換済み

MB DELL製(m-ATX)
CPU Celeron430(LGA775)
メモリ:1G
HD:500G 3.5 SATA


ケーシングの前に、動作確認も兼ねて、バラック状態で音出しをしています。
60%ほどの確率で、ケーシングしない方が音が良い。
FANの振動やノイズの影響でしょうか


先ずはアルミンから

バラック状態のcore i3の音と比べると、フォーカスが甘いです。
電源の違いか、ケースの影響でしょう
と言えども、かなり良い。
CPU内応のビデオは使わない方が良いです。
音への影響が大きいです。

CPUの状態をモニターすると10%前後の駆動なので
ビデオの影響が少ないように思っていましたが、以外に大きいです。
その差は、システムによって、差になると思いますが
本格的なシステムであれば、ビデオカードもしくはMB内蔵ビデオを
使う事をお薦めします。

バラック状態のcore i3の音は若干細身だが、情報量が多く、解像度が高かった。
今の音の方が、聞きやすいとも言えない事もないが、この音なら、core i3を
使う必要がないと思います。
やはり、電源部とケースは大切です。
オーディオの常識と同じです。

ただ、ちまたで言われているようなオールアルミの高額なケースもどうなんでしょうか。
パソコンはノイズの発生源。
アルミや鉄で完全にシールドしてしまうと、ノイズの逃げ場がなくなります。

私は、木製ケースを作りたいと思っています。
linfof工房さんにお願いしたいな。

次はスパーサブです。
こちらは、かなり良いです。

しかし、少し、大人し過ぎるかな。
E8500はDELL STUDIOではもっとも良いパフォーマンスだったんだけれど
マザーボードをFOXCONN N15235(ATX)にすると、少し違った印象です。

ATXのマザーボードは基本的にカードのスロットルが多い。
その分、m-ATXよりも多くの電源供給能力が必要です。

MBへの電源供給状態をチェックすると
m-ATXが、24ピンと4ピンが1個
ATXは24ピンと4ピンが2個となっています。
4ピン1個分、音が良いのかもしれません。

当然、MBよって音も違いますので、正確な比較は出来ませんが
CPU廻りの電源部hは、ATXの方が余裕があるように思われます。

バラック状態で、FOXCONN N15235(ATX)にCeleron430を載せた状態のほうが
良かったように思われます。

最後にDELL STUDIOです。
数日前まで、我が家のリファレンスとして使っていた構成。
悪くはないが、他の2つと比べると少しだけ、情報量が落ちるかも
でも、この状態でもそんじょそこらのCDPより、相当よいと思う。
E8500と比べると、音抜けが少し悪くなるが、事務所のシステムでは聞き比べて
どうにかわかる程度。


Ubuntu STUDIO(64bit)を起動出来る環境があり、そこそこ良い電源があれば十分満足出来る再生機となる。
但し、DDCやDACは外付けが良い。
MB内蔵のサウンド出力は使わない方が良い。
ノイズ感があり、Ubuntu STUDIOの良さが半減してします。


ちょいとまとめてみると

CPU 
高性能のものの方がよいと思う。
core i3 540 > core 2 DUO E8500 > Celeron 540
我が家では、core 2 QUADの結果が良くなかった。
その他高額CPUも財布の関係上、未経験なので
余裕のある方のレポートを待っています。

MB
ATX>m-ATX
また、USBの給電能力が高いものの方が良い
多分USB3.0対応のものであれば、さらに良いと思われる。
出来れば、オンボードビデオチップがあった方が良い
MBによってはビデオカードの方が良い場合もあるかもしれないが
なるべくFANを少なくするため。
もちろんファンレスのビデオカードでも良い

電源
どこのメーカーが良いと言えるほど、データがあるわけではない。
ただ、500W以上でなるべく静かな物をお薦めしたい。
負荷に応じて、FANコントロール出来るものもあるが、
あまり結果が良くなかった。
シンプルで容量の大きい電源が良いようだ。

データーの取り出し
オンボードの同軸は不可
USBもしくはFireWireなどの外部DDCがお薦め
今後はUSBタイプが主流になると思われる。
USB クラス2.0 というカテゴリーのDDCがお薦めだが、
数も少なく、高価だ。
今後は値段が下がってくると思われる。
USBケーブルの音への影響は、めちゃくちゃ大きいです。
高額な物を試していませんが、太め、短め(1m以内)のものを使ってください。


DAC
高価なCDPを売っぱらい、是非良いDACを入手してください。
USB DACもよくなってきてますが、やはり、アンプ部の給電能力が
不足しています。
本格システムのは、単体のDACをお薦めしますが、どこのものが良いという
情報はありません。
ご自身で、選んでください。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-12-19 04:07 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by Woody&Allen at 2010-12-19 22:49 x
木製シャーシのパソコンではなく
Ubuntu Studio Player / Linfof工房  ですね。
私も欲しくなってきましたよ~。
正月休みに 試作出来ないかなー (^^)
Commented by okamoto-arch at 2010-12-20 05:47
Woody&Allen さん こんにちは
ホーンの設置が遅れていて、申し訳ないです。
お正月休みには、なんとかしたいのですが・・・・・

Ubuntu Studio Player / Linfof工房の製作楽しみにしています。

Linfof工房 と Woody&Allen工房の合体 おめでとうございます。
今以上に良い作品が出来そうですね。

楽しみにしております。
Commented by Woody&Allen at 2010-12-20 23:19 x
ありがとうございます。

ホーンは3ヶ月で賞味期限が切れちゃいますからー (^^)

あと 大型エンクロージャも 大変作り易い環境になりましたので いつでもお申し付け下さいね。

やっぱり 38センチダブルか バーチカルツインでしょう!
Commented by okamoto-arch at 2010-12-22 08:26
Woody&Allen さん
賞味期限があったんですか。
こまったな。

ウーハーのエンクロージャーもお願いするかも
その節はよろしく
Commented by Woody&Allen at 2010-12-25 17:43 x
エンクロージャ 暖かくなったら取り掛かれるといいでしょうね。
きっと、重い箱になってしまいます。
ご自分で製作される場合は特に 寒い冬は怪我が心配ですから。
腰を痛めないようにしないと!

私も 正月休みに 休眠中のPCを解体して再構築すべく
準備を開始しました (^^)
DDCは手持ちのもので代用して、まずはUbuntuStudio体験をしてみようとおもいます。

ブログで報告できると良いなー。
Commented by okamoto-arch at 2010-12-27 02:28
Woody&Allen さま
コメントありがとうございます。
来年はエンクロージャーの製作が出来るとよいのですが・・・・

是非、Ubuntu STUDIOのインストール挑戦してください。

もし、失敗したら、HDにUbuntu STUDIOをインストールして
送りますよ。
Ubuntu STUDIOはwindowsと違って、どのマシーンでインストールしても動くはずです。

我が家もUbuntu STUDIO PC 3台とも、別のPCで外付けHDとしてインストールしています。

この当たりが、Ubuntu STUDIOの良いところ
外付け用のHDケースが有れば、USB起動出来るパソコンなら
立ち上がります。

もしわからないことが、あれば、サポートしますので、ご連絡ください。
Commented at 2010-12-30 06:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okamoto-arch at 2010-12-30 08:03
もう、一息です
頑張ってください。


<< オーロラの炎      今朝の鞁筒 >>