2010年 10月 14日

PCオーディオMacその2

PCオーディオ素人Mac初心者の私に出来る範囲でMLTを色々使って見ましたが、MLTをRAMDISKに入れると多少音は変わりますが、よくなっていると断言出来ない。
曲によっては、RAMDISKに入れない方が、好みのときもある。
また、チャコールだけが、RAMDISK入れると動作が不安定になり、動作しない症状が発生。
 
と言うことで、MLTの調整は一旦お休み。


次にインストールしたのが、KORGのAUDIO GATE 
こちらは、フリーソフトではなく、MR-1という1ビット・モバイル・レコーダーに付いてきたもの

MR-1本体をパソコンにUSB接続すると認証が取れる。良い仕組みである。

d0138082_6171820.jpg


AUDIO GATEはいくぶんMLTより、操作性が良い。また、いろんなデーターを再生出来き
変換も行う、優れもの。再生だけでなく、録音編集にも使える便利なプログラム。

さてと、肝腎の再生音は・・・・・・・・・・・・・・
MLTよりも、いくぶん滑らかな印象です。
情報量は、少し落ちたような気もしますが、帯域バランスが少し変わったためかもしれません。

MLTと音の差があるけれど、どちらが良いと言えるほどの差はない。
好みの差かな


d0138082_6361953.jpg

先日、やなさんが イタリアのM2TECH社のhiFaceというDDCを送ってきていただいた。
毎度毎度感謝です。

早々、やなさんDDCと聴き比べしてみると、hiFaceの方が、滑らかで情報量が多い。
やなさんDDCは、力強くJazz向きと言えなくもない。

どちらも、それぞれ良さがある。
はっきりいえることは、ONKYOのcMP2よりも、数倍良いと事だけは確か。
T氏宅でも、その差を確認している。
DDCとしての用途で使うのであれば、hiFaceをお薦めします。

私もhiFaceを欲しいな


ハイハイ、オークションで中古を即決。(^0_0^)
当面はAUDIO GATEとMLTの併用でいくでしょう
[PR]

by okamoto-arch | 2010-10-14 23:01 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< PCオーディオwindowsその1      PCオーディオMacその1 >>