Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 14日

M64 1号機 改 と another M64

ガラードの401がダブルアームになったので、フォノイコが不足してきました。
改造をしてきたM64 1号機をそろそろケースに戻さなくては
長い間、内蔵を外に出した状態でこき使いごめんなさい。
 
d0138082_19163815.jpg

カップリングコンデンサをフィルムコンに変えているので、元のレイアウトでは入らない。
でも、電源トランスも無くしたし、プリアンプの切替え部も無くしたのでスペースに余裕がある。
基盤と電源部を分けていた仕切板を1cmほど下のほうへ移動
整流回路も仕切板に止めて作業完了
これで、基盤部分に余裕が出来たので、出し入れがらくちんです。
d0138082_19165431.jpg

これがオリジナルのM64。狭いスペースにパーツがびっしり
d0138082_19172674.jpg






我が家にある3台のM64
一番上が1号機です。
当初は不適切な改造がされていましたが、私がもっと不適切な改造をしたことになります。
フォノイコとアンプの機能があったのに、フォノイコだけにされ、しかも電源トランスを
取り外されました。心臓を外されたようなものですね
さあ、3台のM64の聴き比べをしますか
d0138082_19174332.jpg


電源は安定化電源でDC30Vに統一します。(ここがM64使いこなしの肝)

d0138082_5123145.jpg

先ずは、ガラード401+GRAY212+GEバリレラでスタンゲッツのROOST SESSION(モノラル)を
聞きます。

d0138082_19181456.jpg

1号機
うーん どう評価してよいのやら
まだまだ、バリレラの音になれていないというか、今まで、インプットされてきたゲッツの音と
違うため、評価が出来ない。
バリレラの音は芯があってよいのですが、これが本当の音なのかどうか・・・・・
私の中にはバーブ時代のゲッツの音に聞こえます。

取り合えず、1号機の音を基準にします。

次は2号機です。


よいですね。決して録音がよいアルバムでは無いのですが
低域に力があり、少しハイ上がりな録音だと思っていましたが
違和感を感じません。
また、艶のある音ですが、M64独特のハイ上がりな感じが押さえられていて
どちらかというとM64らしくない、標準的な音だと感じです。

2号機が我が家で一番音がよいM64だと思っていましたが、改めて確認が出来ました。
前オーナーにより改造されていますが、適切な改造がされているのでしょう

さて、3号機です
おお、切れは抜群です
でもでも、M64のしゃくれあがったような独特の音がバリレラの張りのある音と合わさり
前へ前へ音が飛び出してきます。
少し、ドンシャリぎみかな。

あらゆる面で2号機が一番よい。




次はGATES CB-500+GRAY206+テクニクス205CⅡで、のだっちさんに送って頂いた
Classic Records 200g高音質盤のBLUE TRAIN(ステレオ)を聞きます。
いつも聞いているBLUE TRAIN しっかり評価したいと思います。
d0138082_19182745.jpg

まずは1号機
やはり、低域に力がなく、輪郭もぼやけています。
中域より上はしなやかでよいのですが・・・・


次は2号機です。


やっぱり、よいです。
ベースの輪郭もしっかりしていて、ラッパも張りがあってつややかな音です。
しかも、音の線が太い。
2号機はM64らしくないM64です。

最後に、3号機です
小気味良く、弾むので、決して悪くはないのですが、2号機を聞いた後では、音が軽く感じます。
でも、この音がM64の音のような気がします。

3台のM64はそれぞれ違った音がします。
でも、俯瞰的にみるとどれも同じ音なのかもしれません。



ついでに、やなさんが作ったM64とM64Aも聞いてみます。
d0138082_19265478.jpg

先ずはM64Aから
ノイズ感のない、切れのある音です。
3号機に近い音です。
少し、ハイ上がりな印象です。

ただ、整流回路で音が違います。
オリジナルは1.8kΩの抵抗1個と250μF/40Vの電解コンデンサ2個で作られています。

ルビコンの470μF/50V電解コンデンサと抵抗で作った物や
2個の抵抗と3個のコンデンサの2段整流をしたものを聴き比べます。

整流回路の傾向として、オリジナルの1段整流は低域に力があり、中高域は張りがあるが、
しなやかさに欠ける傾向があるようです。

2段整流にすると、高域が美しくなる反面、低域が物足りなく感じる

また、パーツによっても音が違う

やなさんM64Aには、ルビコンの電解コンデンサを使った1段整流回路がよい按配です

d0138082_19271778.jpg

次はやなさんM64
やなさんM64Aに比べて音の重心が低く、私好み
整流回路はやかり、ルビコンの1段整流か2段整流がよいです

d0138082_19273112.jpg

お試しついでに、やなさんM64の後に、ライントランスを繋いでみた。

これがどんぴしゃ
写真にはないがWEのトランスでは、音の輪郭が明快になり、
ナチトラではより、音場が広がり重心がさがる
どちらも600Ω:600Ωなので、音量は上がらないはずだが
音の見通しがよくなったせいか、音量を上げなくても不満はない。



3台のSHURE M64
どれも、音が違う。
簡単に手が加えられるので、オリジナルの状態のものがほとんどないのかもしれなせん。
もしあったとしても、電解コンデンサは容量抜けしているでしょう
当時と同じコンデンサが手に入れば、本当のM64の音が聞けるのだが

まあ、私の目的は、M64の本来の音を聞く事ではない。
リーズナブルなM64を使って如何によい音が出せるか

もうしばらく、M64であれこれやってみたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-08-14 19:19 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by Woody&Allen at 2010-08-15 11:23 x
現在使用中のDJミキサーの音も鮮烈でよいんですけど、
私もローコストなフォノイコを試してみたくなりますね。
円形ホーンが完成した際に 是非聴かせてください。
Commented by okamoto-arch at 2010-08-16 01:23
Woody&Allen さま コメントありがとうございました。
M64はオークションで安価で入手出来るし、改造も簡単なので
音のチューニングも簡単で、楽しいですよ。

Woody&Allen もいかがですか
Commented by のだっち at 2010-08-18 14:17 x
暑い日が続きますね。(^^)
バリレラ試聴記、楽しみに拝見してますよ。

オイラのAMPEXの部品箱に入ってたバリレラのシングルですが、なんとか復活できそうです。シングル用の1milのダイヤモンド交換針を複数ゲットできましたので。

時に、おかもとさんのトリプルプレイの針は何mil針ですか??
今手元に、トリプルプレイ用の1milのダイヤモンド交換針の新品
があるのですが、もし必要でしたらお分けしますよ。0.7mil針より
音が分厚くて古いモノ盤には合うようですし。

自分のはシングルだしこの針は使えませんので・・・。(^^;;
Commented by okamoto-arch at 2010-08-19 03:53
のだっちさん こんばんは
今年の高気圧、結構根性ありますね。
冷夏も困りますが、暑過ぎるのも困りますね

しかし、徐々にですが秋の気配も
この時間山は涼しいです。

私のバリレラの針は何ミリなんだろう^_^;
どちらにしろ、針の状態はあまりよろしくないようなので、
今度お会いする時にお願いします。

のだっちさん、バリレラでビートルズのモノラルを聞かれましたか
のだっちさんの評価が気になるところです。


<< 謎のフォノイコ      ガラード401 2号機 >>