2010年 06月 26日

やってもうた 

こつこつとM64改1号機の改良をしてきましたが、オリジナルのレイアウトでは基盤の取り外しがしづらく、
フィルムコンデンサを使うと、ケースに入らない。

新たなケースを作ろうかと迷っていたところ、一足先にKazzさんからM64の改良写真が送られてきました。

私もまねっこして、M64改1号機を大改造を決心。

リベットの頭をドリルで穴あけし、電源部を撤去。もう後戻りは出来ません。
d0138082_22465459.jpg


再組み立てを前に、DCの整流回路が音に影響している事を発見。(当たり前か)
整流回路を通った方が、音がたっぷりしてよい。

となると、整流回路も組み込まなければいけない。


M64改1号機に付いているの電解コンデンサの容量抜けがちょいと心配・・・・・


回路図を見ながら整流回路を作ってみた。
d0138082_132423.jpg

オリジナル回路は1.8KΩの抵抗と2,400μFの電解コンデンサが2個だが、
2,400μFの電解コンデンサーがなかったので4,700μFと3,300μFの電解コンデンサを使う事にしました。

電解コンデンサの容量が大きくても大丈夫なのかな
[PR]

by okamoto-arch | 2010-06-26 22:47 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 夏牡蛎      TRIO PC-350 >>