Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 31日

off会

 30日日曜日は、季節外れの肌寒い一日でしたが、
linfof工房さんwith fiendsと北陸チーム合同off会で楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 今回も聞く聞く・食べる食べる・飲む飲む・しゃべるしゃべるで寒さを忘れ、熱い一日となりました。

今回のオーディオの目玉はバーチカルツインの木製ホーンです。
製作事例の少ないトラクトリックホーンをlinfof工房さんの高度な木工加工技術に託しましたが、この都度
完成し、試聴を兼ねて納品していただきました。
本当にありがとうございました。

 linfof工房さん一行がおいでになり、先ずは現行の2420+2307の音を聞いていただき、1,000Hz付近の
ディップを指摘されました。さすがだな。私もうすうす感じていましたが、このホーンのカットoffの関係でどうしても
うまく繋がりませんでした。
d0138082_23582366.jpg













おんちゃんさん写真提供
 早々にホーンを取替えていただき、バーチカルツインに組み込みました。
d0138082_19544433.jpg
どうです、この美しさ。 思わずなでなでしたくなります。
ネットワークを繋いで、先程試聴に使った女性ボーカルとベースのDUO TENDERLYを聞きました。
d0138082_0152090.jpg
おおお・・・
中低域の繋がりがスムーズになり、全体のバランスがよくなりました。
その後、私はBBQの用意をしながら、オーディオルームから漏れる音を聞き、その変化ぶりを確認しました。
良い音でなっているかどうかは、オーディオルームの外で聞いても分かる物です。
まあ、遮音がされていませんから当然かな。

off会のもう一つの目玉は毎度のBBQです。しかし、私はチーフコックのため、写真は撮っていません。
どなたか、写真を提供してください。
BBQの模様はのだっちさんのHPをご覧ください
今回は定番料理に加えて、トンビさんがイノシシの肉と新潟の銘酒「越の寒梅」
差し入れてくれました。

先ずはあっさり系から
朝取れ椎茸の蒸し焼き50個ほどがぺろりとなくなりました。気持ちがよい食べっぷりです。
その後ナスの田楽・魚を食べ、牛肉・豚肉を食べたあと、イノシシのお肉を頂きました。
肉の味が濃く、油にも旨味がつまっています。
d0138082_0532086.jpg
のだっちさんから写真を頂きました。
イノシシの肉から落ちた油が燃えて、焼き場は物凄い事に
寒い日でしたが、この時は熱かったな。

最後に焼きおにぎりを頂いた頃には、越の寒梅もなくなりとても良い気分。
車でおこしの皆様申し訳ありませんでした。^_^;

BBQの後もいろんな音楽を聞きながら、バーチカルツインの音を楽しみ楽しい話ができました。
d0138082_0465437.jpg













おんちゃんさん写真提供
大人が5人

壁に向かって何をはなしていたんでしょうか


楽しい時間も過ぎ、linfof工房製ALPAIR6マホガニーをKazzアンプで聞いていただきました。
空気で体が振動する迫力はありませんが、音のバランス音の艶は明らかにこちらの方が上。
バーチカルツインの指標となります。
 その後、Kazzアンプでバーチカルツインを鳴らしました。
めちゃいいじゃん!Kazzさんがおいでた時よりも低域の迫力がでるし、MC2500よりも音が生き生きしています。
これからはKazzアンプがメインアンプになりそうです。

linfof工房さん御一行が帰られたあと、のだっちさんと二人で、こんなもので音楽を聞きました。
d0138082_155199.jpg
KORGのMR-1です。
ソフトはのだっちさんが入手された2tr38のミュージック・テープソフトでのだっちさんの好きな鈴木 勲の
"BLOW UP"のマスターコピーソフトを取り込んだ物です。
この熱い音、なんと言ってよいのやら。
CDは全く太刀打ち出来ません。オリジナルLPでもこの音は出ないかも。

はっきりいって凄いです。
やはり、CDの規格に問題があったような気がします。
アナログ同等のデーター量を録音再生するには96KHz24bitの規格は必要なのではと痛切に感じました。

今回のoff会に使った器材は下記の通りです。
デジタル系入力
iMac→やなさん製new DAC
アナログ系入力
GT-2000L+SME3009SⅢ+205CⅡ →やなさん作金田式フォノイコ
401+GRAY212+205CⅡ→やなさん作M64A
入力系はやなさんに助けられています。
その他、やなさん作の太郎丸や華子といったDACとM64もスタンバイしておりましたが
時間の都合上、登場させる事が出来ませんでした。

プリはレビンソンNO.26

パワーはMC2500とKazzアンプ
スピーカーは新生バーチカルツインとALPAIR6
でした。

 今回のoff会は我が家のオーディオにとってとても有意義なものでした。
バーチカルツインシステムが出発点に立てたこと
やなさんに提供していただいた96KHz24bitデーターやのだっちさんのPCMデーターを
聞くとアナログの滑らかさと存在感が同居してすばらしい音で、高規格デジタルデーターは
アナログに匹敵することが確認出来ました。
改めて皆さんに感謝です。

[PR]

by okamoto-arch | 2010-05-31 23:46 | オーディオ&音楽 | Comments(14)
Commented by Kazz at 2010-06-01 07:36 x
イノシシや あ~イノシシや イノシシや・・・ Kazz

寒梅や あ~寒梅や 寒梅や・・・ Kazz

行きたかったなぁ~ 食べたかったなぁ~ 飲みたかったなぁ~
んでも 何やらカズアンプがチットは役に立った様で嬉しいっす。
Commented by okamoto-arch at 2010-06-01 08:38
うまい 座ぶとん一枚です。
いのしし、うまかったですよ。
でも、共食いになりませんか

Kazzさんに教えて頂いた、トラクトリックホーンいけますよ。
球面波だからでしょうか、の良さを感じます。
同じラッパ型の2307とは全く違う音です。
デザイン的にはフルホーンの方がかっこいいので、
2インチホーンでは、もう少し浅くできないか検討してみます。
Commented by アンパンマン at 2010-06-01 13:56 x
こんにちは。今回は予定があってチョットしか参加できず残念でした。
体調も悪く、2次会?の、のだっちさんの音源も聴けずとても残念です。
お忙しいでしょうが、またoff会やりましょう。ウチもAR3aが戻ってきたら、久しぶりに聴きに来てください。
イノシシの肉かぁ、どんな味なんだろうな。
Commented by okamoto-arch at 2010-06-01 17:44
あんぱんまんさん 
今回は残念でしたね。

当面今の状態で聞き込んで行きます。
せいぜいネットワークを触る程度でしょうか

秋に新たな展開が出来ればと願っておりますが・・・・・・

また、off会をやりましょう
Commented by のだっち at 2010-06-01 20:51 x
先日はお世話になりました~。(^^) しかし、本当にあのホーンは良かったですね!繋がりがフルレンジ的に感じました。

DSDレコーダー、結構いけてたでしょ?2TR38のオープンテープに肉薄する音がします。LPをそのままの音で残す事もこれならできると思いますよ。(^^)
Commented by okamoto-arch at 2010-06-01 23:25
のだっちさん こちらこそいろいろ頂きありがとうございました。

それとDSDレコーダーの実力に敬服しました。
本当に侮れません。

トラクトリックホーンはなかなか良いですね。
球面波を形成するホーン形状なのだと思います。
メインシステムもトラクトリックホーンでいきたいな。
Commented by akakura52 at 2010-06-02 16:37
こんにちは。
このウッド・ホーンは素晴らしい作品ですね。

正面から見ると無垢板をくり抜いたようですが裏から見ますとキュービククな部分は単板に接着しているようです。

裏からの写真がなければ全く木目を見ても分かりません。

ことろでこの木は何の材種でしょうか、綺麗な木目と塗装です。

Commented by okamoto-arch at 2010-06-02 17:17
akakura52さん こんにちは
このホーンの木目奇麗でしょ

このホーンの材種はタモです。
塗装は蜜蝋ワックスだと思います。
linfof工房さん あってますか


作り方は無垢材を何枚か接着し、それから、旋盤で削り出しています。
言葉で書くと簡単ですが、相当の日数がかかったようです。



Commented by aitoyuuki32 at 2010-06-02 22:48
とっても楽しい一日でした。

ホーンの換装でかなりレベルアップしてましたね。これからがとっても楽しみです。
BBQも毎度毎度楽しみにしていました。しいたけとっても美味でしたよ。
Commented by okamoto-arch at 2010-06-03 00:46
aitoyuuki32さん
ホーンを交換しただけで、繋がりがよくなりましたね。
今後はネットワークをつめながら、アンプ選びをしたいと思います。
Kazzアンプ2号機が多分ぴったりだろうな

ネットワークを触った経験がないので、どうなる事やら

BBQの新しいメニューを考えているのですが。
その前に石釜を作らなくてはなりません。
結構大がかりな物になるので、今年は無理かな。
期待しないで、待っていてください。
Commented by linfof工房 at 2010-06-03 01:03 x
材種はタモであっていますよ。
スロート部分に相当するところはもう少し堅い木を使用しています。
塗装はオイルフィニッシュの重ね塗りに、最後に蜜蝋ワックス、バフポリッシングです。
Commented by okamoto-arch at 2010-06-03 01:47
linfof 工房様 フォローありがとうございます。

蜜蝋ワックスを購入しなくては・・・・
Commented by linfof工房 at 2010-06-03 21:50 x
オークションで販売されています。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k124366366
関係ないけど、この出品者さん、のだっちさんと同じ朝日町です。
Commented by okamoto-arch at 2010-06-04 03:05
linfof工房さん
先日話題になっていた方ですね
良い情報をありがとうございました。


送料込みでこの値段 思わず ポチッとしてしまいました。
2・3個購入しようかな


<< トラクトリックホーン      レン子の次はグレ子 >>