2010年 05月 23日

レン子の次はグレ子

レン子が完治?したので、オークションで入手したGRAY212アームを使うため、ちょいと格闘しました。

先ずはオークションでGETした状態です。(オークションの写真を拝借)
d0138082_2354914.jpg

d0138082_23544477.jpg

購入時点のチェックで分かった問題点。
1)使い方がよくわからない
2)フォノケーブルの端末処理がされていない
3)アーム長さが短いためカートリッジがレコード溝に対してズレてしまう
4)シェルのアダプターに切られたねじ穴にあうボルトがないため
カートリッが取り付けられない
5)ウエイトが重過ぎて、バランスが取れない


いつも、行き当たりばったり 一生直らないだろうな。


先ずは使い方のお勉強です。
d0138082_4283294.jpg

d0138082_429651.jpg
d0138082_4293792.jpg
アームのプラッター部分は横回転の機構だけ。
また、その回転機構もナットが廻るだけのシンプルな構造です。
と言うことは、横方向の回転抵抗はボルトに塗られたオイルで決まってしまのかな。

上下動はシェル部分のみで行われるようです。
針圧の調整はアームに内蔵されたスプリングで行われ、シェルの上下動を制御するようです。

アームのバランスはさほどシビアである必要はないと思いますが、アームの後方に内蔵されてた錘を
スライドさせる事で調整します。
205CⅡでは軽過ぎてバランスが取れません。

212アームは、針を降ろした状態でシェルが水平になるようにアームの高さを調整する必要があるようです。
セッティング方法がちょっとデリケートそうですが、実にシンプルな構造です。

2)は、不要なピンケーブルの末端をハンダ付けして対応。
3)はキャビネットとターンテーブルの問題なので、今回はどうしようもない。
4)は、2mmのボルトではあまあまで2.6mmでは先っぽしか入らない
あれこれ考えた結果、真鍮製のシェルのアダプターに3mmの小さな穴を追加して、回転ヘッドシェルを作ることに。
d0138082_4514519.jpg

d0138082_4523092.jpg

そうすれば、3)の問題点の解決出来る。スラストベアリングがまだ届かないので現状では固定式。
雰囲気は分かるかな。

しかし、大問題。ナットの頭が邪魔をして、ヘッドシェルに入らない。
d0138082_4541719.jpg
アダプターとシェルのすき間に入るように、ボルトの頭を削らなくてはならない。
この作業は、スラストベアリングが来てからでないと出来ないので、回転ヘッド計画は一時中断。
でも、どうしてもグレ子の音が聞きたいので、カートリッジ取り付け用のボルト穴を2.6mmでタップを切る事に。
d0138082_51568.jpg

これで、うまくいきました。(^0_0^)



と喜んだのもつかの間、アダプターにカートリッジを取り付けた状態で針と付けようとすると、
アダプターに当たってしまう。
d0138082_531647.jpg
いつものお決まりコースです。

困ったな^_^;



そうだ、何かをかませればいいんだ。
ピッたんこのものがあります。
これこれこれです。
d0138082_561131.jpg
事務所のターンテーブル用にオークションで購入したもの。
ピッカリングのカートリッジを使う事になり使う当てが無くなっていた。
真鍮製のしっかりした作り。

205CⅡとアダプターの間に真鍮製の台座を挟んでd0138082_5105026.jpg
ゴージャスですね。
アダプター真鍮製だし、全く違和感がない。
それどころか、高級感が出てきました。
もしかして、5)の針先の重量不足も解決出来るかも




どんぴしゃです。

偶然が重なり、アームのバランスもとれ、一気に問題点が解決の方向へ向かい出しました。

これで音出しが出来るかも



アームの高さ調整が結構シビア
レコード面に針を置いてシェルのレベルを確認してアーム高さを調整
何度か試行錯誤してようやくレベルに。
再度針圧調整

さてどんな音が出るかな
試聴は最近のチェック用アルバムである、プレビンのウエストサイド物語です。

d0138082_5224910.jpg




おおおおおおお
ぶっとい音です
もはや205CⅡの音ではありません。
GRAYの音かもしれません。

楽しいな。

冷静に聞くと解像度はあまりありません。
横回転上下回転とも抵抗が少しあるからでしょう
でも、そんな事どうでもいいと思えるほど楽しい音です。
どんな音楽でも50年代初めの音にしてしまいます。
この音でもう少し解像度があったら なんて望んではいけないのかも

d0138082_5344069.jpg

復活したばかりのレン子と聞き比べです。
レン子の方がずっと帯域が広く、ノーマルな音に聞こえます。
レン子も帯域が広くないはず

ただ、この音がグレ子の本当の音なのかどうか
ちょっと違うような気もします。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-05-23 00:03 | オーディオ&音楽 | Comments(17)
Commented by mambo at 2010-05-23 00:56 x
Gray 212ってオイルダンプですね。
アームが短いのは知りませんでした。


ご存知かもしれませんが、念のため
http://akakura52.exblog.jp/12061836/
http://akakura52.exblog.jp/12069110/
http://akakura52.exblog.jp/12082373/
http://akakura52.exblog.jp/12154606/


Commented by okamoto-arch at 2010-05-23 05:43
mamboさん こんにちは
オイルダンプでは無いと思います。
強いて言えば横回転部分のナット部分の摩擦をオイルで制御出来ますが・・・・・

紹介していただいた、ブログは既にチェックしております。
このアーム、横回転部分もスラストベアリングが必要かも
少なくとも、205CⅡのようなローコンプライアンスカートリッジでは
回転抵抗が少ない方が良い。
シェルの首振りも分解してメンテナンスが必要かもしれません。

212はある意味アームの理想型かもしれません。
Commented by BB at 2010-05-23 19:40 x
おおお!!まだ面白いものが入手されていたのですね!
この当時のカートはコンプライアンスは低いものが多いと
思うので、そんなカートも探すといいかも。
ますますビンテージに向かってますね!
Commented by okamoto-arch at 2010-05-24 00:55
BBさん いつもありがとうございます。
この頃は面白い発想のアームが多いですね。
ローコンプライアンスといえば、SHUREのM7Dを持っています。
針圧が4~7gです。
しかし、今は205CⅡにこだわってアームの試聴をしております。
ダイナミックバランス式は軽針圧で針圧を安定させるのが難しい。
ハイコンプライアンスのカートリッジにはむかないのかもしれません。
しかし、ハイコンプライアンス→軽量アーム の音はなぜかしら、
私の心に響かない。
アームは本当に軽い方が良いのかな
駆動部分をカートリッジ付近にまとめたGRAYの212のアームは
めちゃくちゃ重いです。
重量があるがゆえ、不要な振動もないと思われます。
カートリッジにとっては理想に近いような気がします。

ビンテージアームは。駆動部分のメンテナンスが出来れば、
まだまだ一級品だと思います。
Commented by d4studio at 2010-05-24 01:14 x
面白いの手に入れましたね。
楽しそう!
Commented by Kazz at 2010-05-24 07:45 x
ハイコンプライアンスの針を使うのであればアームは重さ・フリクション
共に軽い方が良いとワタクシは思います。
されど軽いアームは不要な振動を伴う場合が多く その点シッカリした
重いアームの方が有利なのも十分頷けます。
軽いアームでは素材や形状・機構等にによって振動問題に
対処するしかないでしょう。

ところでワールドカップサッカーの開催が近づいて参りました。
普段テレビを殆ど見ないワタクシが4年に一度テレビに釘付けに…
昨日は過去の名試合をBSでやっておりました。
70年ブラジルVSイタリアや86年アルゼンチンVS西ドイツ等
長時間お酒を飲みながら観戦してしまい今朝は何かフラフラしてます。
「ドコを応援するかって?」もちろんブラジル命です!
Commented by okamoto-arch at 2010-05-24 08:27
d4studioさま 
212 なかなかのアームだと思いますが、問題は私の技量。
うまく、使いこなせるかな。
今は使いながら、簡単なメンテナンスをしています。
徐々に、解像度がよくなっているような気がします。
手を加えれば加えるほど、愛着が湧いてしまうので
そう思うだけかも・・・・
本当に、楽しいアームです。 
Commented by okamoto-arch at 2010-05-24 09:13
Kazzさん おはよう
>ハイコンプライアンスの針を使うのであればアームは重さ・フリクション
共に
>軽い方が良いとワタクシは思います。
多分、理論的にはそうなんでしょうね

何本か聞いたハイコンプライアンス用のアームの中ではSME3009SⅢが一番バランスが良いようです。
でも、レン子とグレ子を聞いてしまいます。
多少の歪みがあった方が、私には良いのかも

ワールドカップまで、もう少しですね。
寝不足に拍車がかかりそうです。

ブラジルのサッカーは凄過ぎます。
やはり私は、日本を応援します。
Jリーグの誕生と共にサッカーに興味を持った初心者ですので


個人的には組織的攻撃が得意なオランダのサッカーが好きです。
でも、日本と予選で同じ組なので複雑です。
どう見ても日本は予選突破が難しそうです。
1勝1敗1分けに持ち込めれば可能性が少し出てきますが

ガンバレ 日本!!


Commented by Kazz at 2010-05-24 14:16 x
今大会の予選リーグで最も読みにくいのがグループAとEだと思います。
他のグループは大体2チームずつ強い国が入ってて解り易いけど・・・
AとEは3チーム入っちゃってるんですよね~
それも皮肉な事に開催国と日本がグループ中最弱だと思うんです。
まぁ日本にも頑張って欲しいけど まだ20年は無理だろな~

そう言えば息子がサッカーチームに通いだしました。
それは まぁメデタイ事なんだけど
バカ息子が「父上はブラジルでサッカーしてたんだよ~!」
などと自慢してしまったせいで コーチを頼まれそうな雲行きです。
満身創痍のワタクシ これ以上運動したらマジでヤバいちゅうのに・・・
Commented by okamoto-arch at 2010-05-25 02:14
日韓戦見ました?
あららでした。
ワールドカップに出場するチームとは思えない試合内容でした。
本当に合同合宿しているのかと思うほど連携が取れていませんでした。

中盤でボールが廻せないので、連携出来なかったのかな

でも、それ以前の問題だと思ったな

などと、サッカーの事はよくわからないが、あーだこうだと
いうのも結構楽しいです。
日本が予選リーグを突破出来る可能性は0.1%ほどかな
でもでも、私は日本を応援しますよ。

息子がサッカーを始めましたか。
かえるのこはかえる。
きっと凄い選手になりますよ。
Kazzさんもコーチになって息子を日本代表に育ててください。
そして、20年と言わず12年でなんとか日本を世界で戦える
チームにしてください。
Commented by Kazz at 2010-05-25 08:10 x
だはは!ワタクシはキーパー一筋20ウン年の人ですから
キーパー以外 本格的には育てられません。
んでも日本のサッカーに足らない楽しみながらプレーするって言う
気質だけは何とか伝えてあげたい気はします。

あ~そう言えばGグループってブラジルが安泰だけに見落としてたけど
コートジボアールが強いからポルトガルが落ちるかもしれない
強烈なグループでしたね。北朝鮮より日本の方が置かれている状況は
マシかも知れない・・・

あ~ すっかりサッカー談義に巻き込んでしまって申し訳ないっす。
Commented by okamoto-arch at 2010-05-26 02:51
日韓戦のあと、岡ちゃんが、自身の進退伺いをしたようですが・・・・
岡ちゃん、自身無くしてしまっていますね。
 そんなんじゃ ワールドカップは戦えないよね。
がんばれ 岡ちゃん!
Commented by Kazz at 2010-05-26 09:01 x
試合は見て無いし詳しい事情は知りませんが
直前に進退がどうのこうのと言い出す時点で監督失格だと思います。
選手を動揺させない様 ドッシリ構えて欲しいモンです。

だいたい海外の選手や監督は自分からの進退伺い等 まずありえない
事です。それ位のフテブテシサと貪欲さが必要なのがこの世界・・・
今の日本の機運ではハングリー精神は養えないのかも知れません。
こりゃ20年でもキビシイかな・・・

あ~もう止めようと思ってたのにサッカーの事になると ついつい熱く
なっちゃうんです。スンマセンでした。
Commented by shun at 2010-05-28 22:07 x
Okamotoさん、こんばんは。

次から次へと珍しいアームを発掘されていますね(笑) こちらはたった一本のアームでお茶を濁して
いるのに。最近やっとレコード再生の環境が整い聞き始めました。ところがやっちゃいました。DL-103
のカンチレバーをポキリ! 気づかないでレコードに針を降ろしたら内側へスーッとアームがスケート(笑)

近くに針交換の出来るオーディオショップが無くなってしまったので、すぐ落とせるテクニカのAT-F3
という安いMCカートをヤフオクで落として急場凌ぎです。プレーヤーとアンプの距離がちょっと離れ
ているので、MCトランスのケーブル分長くなってやっと届く状態なので
MMは使いづらいのです。

そう言えばガラードに針を落とすと回転が落ちると言っていましたが、今回確認したところそんなことは
無いようで一安心。お騒がせいたしました。しかし以前は回転修正していたのになんだったんだろうか?

アームのオーバーハングを簡単に調整出来るこんなサイトを見つけました。やってみましたがトラッキン
グエラーは内周では無し。外周で僅かにずれていました。宜しければご参考に。

http://www.hifido.co.jp/merumaga/osu/080201/index.html
Commented by okamoto-arch at 2010-05-28 23:26
shunさん こんばんは

アーム発掘の冒険 スリル満点で楽しいです。

今まで、アームにこだわった事がありませんでした。
マイクロの1,500シリーズを使っていた頃、SME3012や3009それにORTOFON-RMG309を使っていました。
今は手元にありません。
もったいない事をしたな。
それらは、それぞれ完成された世界を持っていると思います。
使いやすくて音もよい。
しかし、アームとして学べる事が少なかったように思います。

アナログはいろんな要因で音が変わります。
リード線やシェルでも音が変わります。
もちろんカートリッジやフォノイコでも音が変わります。
アームとカートリッジが決まってもいても、針圧やセッティングでも
音が変わります。

今はカートリッジを固定
アームの音の支配力について
あれこれ情報収集しております。

まだまだ、先が長いかな・・・・
では又
Commented by akakura52 at 2010-05-30 08:38
お早うございます。

これはまたずいぶん綺麗なアイテムでしたね。

僕のは本当に汚くクリーニングするのが大変でした。

でもでもこの音を聴くと文句も言えなくなりますよね。

一番の使いにくさはアーム・リフターが役に立たないことですしヘッド・レス

トの細工が必要なこと。

僕は無理やりオルトを組み入れましたがソリにも強いしモノラル・ジャズに

は持って来いのアームの一つではないでしょうか。
Commented by okamoto-arch at 2010-05-31 06:38
akakura52さんの212の書込みを読ませていただき、購入を決心いたしました。
ありがとうございました。
我が家の212は見た目は結構奇麗でした。
動作も、大きな不都合はありませんでしたので、ラッキーでした。
現状ではヘッドシェルがヒンジ部分が少しガタがあり
カートリッジを正面から見ると若干傾いています。
この部分を分解調整出来では良いのですが

アームリフターが無いと、酔っぱらった時に操作するのは
ちょっと恐いです。

私も将来はローコンプライアンスのカートリッジにしたいと
思いますが、今はテクニクスの205CⅡでどこまで、熱い音が
だせるのか、試したいと思っています。

また、色々アドバイスください。


<< off会      レン子のその後 >>