2010年 01月 09日

ガラード401のメンテ

 年が変わったというのに、あいかわらずドタバタしております。
昨日、ガラード401のアイドラーが届きました。
d0138082_17253018.jpg

購入先はオーディオMotegi です。代引送料込みで10,000円。高いような安いような。
10年後メンテナンス用のアイドラーはまだあるかな。

さて、このアイドラーとオリジナルアイドラーを比較してみると見た目以外にも違いがある。
d0138082_17281189.jpg
                                    左が今回購入したもの。右がオリジナル
先ずはゴムの硬さ。なんといっても今回のアイドラーは柔らかい。
外径は66.2mmに対して66.65mm(オリジナルは摩耗しているので仕方がない)
d0138082_17341973.jpg

ゴムの厚み4.5MMに対して5mm
真鍮のでっぱりからゴムの上場までの高さが11.75mmに対して12.5mm
なので、プーリーの高さ調整が必要です。
アイドラーの外周部の形状は丸みがあるのに対して、角張っている。

さてと、新しいアイドラーを取り付けてと
プラッターを戻して、スイッチON

先ずは、立ち上がりが早い。そして静かだ。
でも、ゴロが無いわけではない。
ゴロの音質が違うのだ。オリジナルに比べるとかなり低い音である。
これはアイドラーのゴムが柔らかいからだろう。

アイドラーのゴムのコーナーを落とした方がプラッターとの接地面積が減るので音は小さくなるだろう。
後日、挑戦してみるかも・・・

また、プリーの高さで、ゴロ音に違いがあることを発見。
d0138082_150661.jpg
今までは、ガラードのメンテナンスのバイブルである、管球王国とステレオサウンドのアナログバイブルに
書かれて通り、45回転のプリーとアイドラーのクリアランスは名刺1枚分となるように高さ調整していた。
しかし、今回はプリーを上げ45回転部分のプーリーとアイドラーのクリアランスを2.5mmほどとした。d0138082_128167.jpg
この効果は、想像以上でにんまりである。
d0138082_2265958.jpg

私の推測だが、プーリーはモーターの軸に対して3本のネジを締めつける事であっ着固定しています。
しかし、アイドラーは、プラッターから押されて水平方向の力がプーリーにかかります。
プーリーを上げれば、ネジの位置とアイドラーがプーリーに当たる位置が狭まり、プリーの偏芯量が
小さくなるからではないでしょうか。



次に本体をキャビネットに取り付けるための準備です。
1.5mm厚のゴムワッシャーをホームセンターで購入してきましたが、こんなもの購入するより自分で
つくった方が、趣味性があってよろしいということで、使わなくなった自転車のチューブを
切りゴムワッシャーをつくってみた。
d0138082_2475231.jpg

厚みは1.3mmと若干薄い。しかし、大きさが自由になるし、レベル調整もしやすい。
また、コルクなどの他の素材と組み合わせる事も可能なので、面白いかも
モーターの振動音に違いが出るか、後日確かめてみることにしよう。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-09 17:37 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
Commented by BB at 2010-01-09 21:14 x
slowhand殿も、アイドラー派に転向だし、アイドラーが流行しそう
な兆しはありますね。ゴロがどこまで抑えられるかでしょうね。
ガラードの音を一度聴かせてもらわねば!興味深々ですよ。
Commented by slowhand.st56 at 2010-01-10 00:25 x
okamotoさん、先日のメールが役立ちそうですか?
しっかりメンテして下さいね、そして何年か後に
私の401の面倒を看て下さい。
Commented by okamoto-arch at 2010-01-10 02:53
BB殿 この頃のプレーヤーは油の匂いがして、なんだかうきうきします。
電子部品がないので、安心して触れます。
そろそろ、ガラードを仮設置してみるつもりです。
ゴロ音がどの程度再生音に乗るのか確認しなくては
うまく調整出来れば、のりのりのJAZZが聞けるはずなんですが。
さて、どうなる事やら
楽しみ楽しみ!
Commented by okamoto-arch at 2010-01-10 02:59
slowhand殿
先日はメールありがとうございました。
情報は多いに活用させていただきます。
slowhand殿の401をメンテナンス出来るほどの腕前になるとよいのですが、現在情報収集中。
整備方法だけでなくオイルの情報もいろいろあり、自分に合ったオイルに出会えると良いのにと思っています。
先ずは、モーター音とゴロをどこまで小さくできるか調整して、その後自分に合ったオイル選びをしたいと思っています。
気長にお付き合いください。
Commented by Kazz at 2010-01-10 11:42 x
自転車のチューブでは若干薄いのであれば
バイクのチューブがベストかも知れませんね。
ワタクシの部屋の壁にも各種チューブがぶるさがっており
用途に応じて使い分けております。

オイルやグリスに関しては以前レース界におりましたので
詳しい方だと思います。
例えばプーリーとモーターの軸とのセンター出しには
モリブデングリス等の硬質な粒子が入ったタイプの物や
粘土が高く一定のクリアランスを保ちやすいシリコングリス等を
湿布しますと普通の潤滑油を塗っただけの場合より
センターが出し易かったりします。

実際に見た訳じゃないので想像の域を超えませんが
図を見る限りではモーターの軸を出来るだけ深くプーリーに
差し込んだ方が機械的強度が上がりプーリーの首振りが
抑えられると思います。
まぁその分プラッターの下の方を使う事になってしまいますが・・・

・・・とまぁイイカゲンな発言ばかりですので参考にゃならんと思います。
んでも心より成功を祈ってますので頑張って下さいませ。
Commented by BB at 2010-01-10 13:04 x
機械式ってのが良いんですよね。以前ダイレクト式の修理をやったの
ですが、水晶発振の水晶自体がイカレる例が多く、しかも入手は不可能
です。特殊な部品も多く、治らないものが多いのです。結局、高価なものでもダイレクト式は消耗品なのですよ。その点、機械式でしかも強固な造りのガラードなどは、ずっと使えるのですよね。 私は機械屋なんで、
機械的にまともな物を評価します。
Commented by okamoto-arch at 2010-01-10 15:24
Kazzさん こんにちは
>ワタクシの部屋の壁にも各種チューブがぶるさがっており
思わず、笑ってしまいました。
各種チューブってそんなに種類があるの さすがだな。
バイクのチューブか
廻りにバイク乗りがいますので、聞いてみます。
バイクやさんへ行ったら、一杯あるのかな。

友人に聞いてみると、彼のバイクはチューブレスだとか。
サイズによってはチューブがあるかもというお返事。

むむ。気長に探します。

オイルの話、奥が深そうですね。
昨日シリコンオイルを購入してきました。

レース用のオイルに比べると、オーディオ用のオイルはメチャンコ高価。
ステレオサウンド誌ではチタンオイルと各所に使うように書かれているが
和光テクニカル Ti-102(30cc) チタンオイル は1470円
車のチタンオイルは20L16,000円
この価格差どう思われます。
車屋さんにチタンオイル50ccでも分けてくれないかな。

プリーの高さの件、次の投稿で書きます。


Commented by okamoto-arch at 2010-01-10 16:50
BB殿
私も目で動きがわかる機械が、好きです。
でも、機械だけでは、LPも再生出来ないし。
そのへんは、電気のことがわかる方にお任せして

そろそろ、401を設置するため、A730を移動させようかな
No.26SLを移動させようかな
Commented by トンビ at 2010-01-11 08:24 x
----10年後メンテナンス用のアイドラーはまだあるかな。----
okamotoさんからこの言葉???401はいつまであるのかな?
なんて考えるのは、皆さん同感と思いますが・・・・?
友人の依頼の3886 3パラが完成。 1月6日秋葉原で部品調達し
9~10日 20時間ほどで完成、友人は今週中かな?
やり始めたら止まらなく・・・・
次の8パラいつでもOKですよ!
Commented by okamoto-arch at 2010-01-11 23:38
トンビさん こんにちは
401が10年後手元にあるかどうかは、今後のメンテナンス次第でしょうね。
モーターの修復さえ出来れば長く使うでしょう。
でもでも、間違ってEMT930STを入手出来たら
全てなくなる可能性もありますが・・・・・・・・



<< ガラード401のメンテ      謹賀新年 >>