Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 22日

癒し

 仕事場の2階の隠れ家に設置してあった秘密(?)のシステムを解体
プリとアナログプレーヤーを仕事場に設置
d0138082_4512771.jpg


このプレーヤーはTRIOのベルトアイドラー方式のPC-350です。
オーディオの足跡によると発売は1969年(?)とある。40年前のプレーヤーである。

今から2年ほど前にオークションでGET
大変すばらしい出品者のおかげで、今も現役。
滑らかで、中域が充実する。
なによりも音楽に集中出来る。

しかし、LPはレコードを頻繁に交換しなくてはいけないので、
ますます、仕事の手が進まない。
あっという間に片面の演奏が終わってします。
こんなに片面の演奏が短かったのと感じる。

なので、常時とは行かないが、夜中はやはりLPが良い。


このシステムにはメインシステムに無いものが一杯ある

適当に置いてあるだけだけどいいんだよな
このあいまいさがいいのかな。

悩まし~い!
[PR]

by okamoto-arch | 2009-12-22 05:02 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by すえ at 2009-12-22 08:21 x
自分もマイクロのMR411って古いBDが最近は活躍しています。
SP10のWアームはソフトンとサウンドパーツにマイクロはC3aに繋いで
ローランドハナさんのLPがお気に入りになりました、中古LP探していますが、その前にCD買って下見中です。
Commented by okamoto-arch at 2009-12-22 08:56
すえさんのアナログはメチャンコ充実していますね。
フォノイコがすばらしい。
それに、カートリッジもたくさんもっていましたよね

LPって本当にたのしいですね。

Commented by すえ at 2009-12-22 12:02 x
レコードは飽きないで、いつも新鮮に聞こえます。
明日は自転車に乗ってレコード屋にでものぞいてみます。
Commented by jbl375jp at 2009-12-22 15:24
こんにちは。
このころのLPプレーヤって、たたずまいがありますよね・・
しっとりした音を聞かせてくれそうですね。

LPの「それ」っぽさ、なかなか止められませんね~(笑)
Commented by okamoto-arch at 2009-12-22 19:39
自転車でLPを買いに行ける環境がうらやましいです。

LPはジャケットと見ているだけでも楽しいので、店頭で購入するのが一番。
Commented by okamoto-arch at 2009-12-22 19:44
jbl375jpさん こんにちは
このころのプレーヤーは味がありますね。
情報量だとか音の立ち上がりなど全く気にならない、良さがあります。
これが、らしさでしょうか

でも、このプレーヤーをメインシステムに持ち込むとあらばかり目立つんです。
不思議です。
Commented by aitoyuuki32 at 2009-12-23 22:10
1969年ですか、まだまだ我が家にはコンポが無い時代ですね。ナショナルのセパレートステレオとパイオニアのオープンデッキT-5000の時代です。
しかし、雰囲気がだんだんむらせさんみたいになってきた(^_^)
Commented by okamoto-arch at 2009-12-23 22:46
aitoyuuki32さん 
>雰囲気がだんだんむらせさんみたいになってきた
まだまだ、総帥の足元にも及びません。

いつかはEMTが最近の口癖です。(^0_0^)


<< 癒しの音      今朝の鞁筒 >>