2009年 09月 22日

やなさんDAC2 v.s 太郎丸with WEトランス

 やなさんDAC2がわが家へ来て2週間。完成間もないやなさんDAC2もエージングが進み、その実力が徐々に発揮されて来ました。到着時とは違がう音を聴かせてくれるます。
まず、低域が力強くなり低域の解像度もよくなりました。
それと、いろんなパーツが、なじんできたのか、音像がより鮮明になってきました。
アナログのような滑らかさにも、磨きがかかり、大変聴きやすいです。

 
 太郎丸の良さは中低域の力強さですが、高域は少しデリケートだと感じることがあります。
WEトランスを通すと、耳ざわりがよくなり、ボーカルとコーラスの対比が鮮明になります。高域の伸びが無くなると言う感じではありません。
なかなかの組み合わせです。


さて、久しぶりにCandyで試聴です。


先ずはやなさんDAC2です。
出だしのドラムの切れがよく気持ちが良いです。
ビアノは、ころころ転がるような楽しい演奏です。
トランペットもぬけが良いです。
私の好みとしては、もう少しふくよかな方が良いかな
 全体のバランスが良いです。しいて言えば50年代JAZZのエネルギー感がもう少し出れば言う事なしなんですが・・・・多分無い物ねだりなんでしょう。

次は、太郎丸with WEトランスです。
おお、わが家の音です。
音が前に出てきます。少々粗さは有るものの、50年代のJAZZにはちょうど良いかも
リー・モーガンのトランペットも適度に膨らみ心地よいです。

Candyに関しては、太郎丸びいきもあり、太郎丸に軍配を挙げておきましょう。


曲をがらりと変えて、CANTATE DOMINO 11曲目Julsang(christmas song)から13曲目のStilleNacht(Silent Night)(CDによって曲番が違います)です。
引き続き太郎丸with WEトランスです。
女性のメインボーカルの音像がくっきりしますが、中高域の声が少し滲むような感じがあります。
多分高域が伸び切っていないのかもしれません。しかし、コーラスとの対比もよく、トランスの効果が出ています。これはこれで良い。

次にやなさんDAC2です。
先の女性ボーカルの音像は少し引いて展開します。
太郎丸は教会の前の方で聴いている感じがしますが、やなさんDAC2では中央で聴いているような感じです。
また、高域が伸びているのでしょう、女性の声が美しい。声の滲みがありません。
太郎丸では出ない音です。
男性コーラスのハーモニー美しさに背筋がゾクッときます。
また、パイプオルガンの低い音がホールを包み込む感じが出ます。
やはり低域も伸びているようです。

愛する太郎丸には申し訳ないが、やはり、やなさんDAC2は進化しておりました。
そろそろ太郎丸の新しい家を作ってあげなくては。

[PR]

by okamoto-arch | 2009-09-22 06:42 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by aitoyuuki32 at 2009-09-22 11:15
こんにちは、

やってますね、いろんなDAC聞けてうらやましいです。太郎丸のあたらしい家???
okamotoさんが図面引いて家を建てられるのですね(^_^)

太郎丸君はいつか自宅で聞いて見たいと思ってますので、出番が少なくなってきたらお借りしたいな~ m(_ _)m
Commented by okamoto-arch at 2009-09-22 21:54
aitoyuuki32さん いつも書き込みありがとうございます。
みなさんのおかげで、いろんなDACを聴かせて頂いております。
感謝感謝!
太郎丸の新居は基本構想が終わり、簡単な図面を書きました。
今から、部品集めです。

輸送に耐えられる新居が完成しましたら、聴いてください。
Commented by BB at 2009-09-23 22:42 x
いまや、おかもと邸に、最もハイレベルなコンバータが集合してる
わけですね!いやいや、すごいです。
やなさんの技術力にも感心しておりますよ。
また聴かせていただくのが楽しみです。
Commented by okamoto-arch at 2009-09-23 23:05
BBさん いつも書き込みありがとうございます。
やなさんのDAC残念ながら、そろそろ返却しなくてはと思っています。
残念ですが、やなさんDAC2をお聞かせ出来ません。
 やなさんはすでに次なるDACの製作にかかっておいでます。


<< 新たなチャレンジ      WEライントランス >>