Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 14日

もう一つの同軸

先日登場したGAUSS 3588
d0138082_20555092.jpg
フットモニターの箱から取り出してみました。
なんとも不思議なホーンの形状
アヒルのくちばしのように見えます。
また、ちゅーのようにも見えます。
なぜ、このような形状なんでしょうか
謎が多いです。



後ろ姿を見て、またまたびっくり。
d0138082_2052204.jpg


これまた、大きなマグネットカバー
4583の2倍ほどの高さがあります。

妙な同軸ほどではありませんが重量はかなりあります。
13kg~15kgほどかな

ネットワークは内蔵されていませんので、スピーカー端子は上下に2組4個

それと、コーン紙の裏面が白くなっています。
何かでコーティングされています。
コーン紙の強度を上げるためでしょうか。


GAUSS 3588 カタログをお持ちの方、コピーをください。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-08-14 21:06 | オーディオ&音楽 | Comments(9)
Commented by トンビ at 2009-08-14 22:24 x
エッジの形状初めて見ました、4583とはかなり違いようですね、
見るからにf0が高そう・・・・・ データーを見ましたら  f0 34Hzに
なっていました、4583は f0 30Hz 微妙に違うようです
なおエッジ部分の幅が広くコーン紙の実行半径少し小さいよう
ですね!
Commented by okamoto-arch at 2009-08-15 02:10
エッジの形状は4582と似ていますが、幅はご指摘のとおり広いと思います。
コーン紙だけ見ていると30cmと勘違いします。
Commented by aitoyuuki32 at 2009-08-15 18:16
こんばんは

GAUSS 3588ほんと「ちゅ~」みたいで笑えます。横方向への指向性をワイドにしたからでしょうか?

コーンの裏側はfoを下げるためにコーンを重くしたのかな、あるいはダンピング?
Commented by BB at 2009-08-15 20:37 x
あれは、604とかで問題となった指向性の悪さを、拡げるため
だったのですが、あまり周到な計算がされたものでは無かった
ようですね。604ほど盛大なホーン鳴きは起きないのでしょうか?
Commented by okamoto-arch at 2009-08-16 04:26
「ちゅ~」しちゃいますか。

フットモニターに入った状態でも低域を欲張らなければなかなか良い音です。
50・60年代のJAZZならは、これで十分。

このホーンは縦使いが本来の使い方のようです。
縦に使うとよりピントがあい、音像が小さくセンターで定位します。
しかし、なんとなく違和感を感じるので、現在は横使いしています。

Commented by okamoto-arch at 2009-08-16 04:36
あのホーンの形状はRCAの有名な同軸ユニット
LC-1Aに似ています。

3588のホーンが鳴いているか、わかりませんが
604よりくせがないと感じています。

まあ、フットモニターでは40Hz以下はほとんど出ていないので
ホーン鳴きしないのかも
Commented by mambo at 2009-08-17 00:58 x
岡本さん 夏休みは海外でしたか?

なんと当時DENONがOEMしてたんですね。びっくり
SC-2000というモデル

GAUSS自身のMonitorでは7258のようですね。
mamboのURLをクリックするとその後半に出てきます。

でもこのHorn、おもいっきり鳴きそうな気が?
 鳥の口ばしみたいっしょ。
カラスと呼ばれてるようですけど、形はカモ系ですよね。
Commented by okamoto-arch at 2009-08-17 03:51
mamboさん お久しぶりです。
しばらく海外で、変わり種オーディオ発掘へ行ってまいりました
なんてことはありません。

ちょいと、仕事が忙しく、オーディオする時間がとれなかったためです。

お盆休みを機にオーディオを再開しました。

DENONのSC-2000のことはトンビさんから教えていただきました。
GAUSSのモニターもあったんですね。

同軸ということもあり、モニターに最適だと思います。
フットモニターに付属のネットワークでも中高域は
よいと思います。クロス付近もスムーズだと思います。

このホーンは縦使いするのが正式な使い方のようです。
縦使いの方が横への指向性が広く、定位がはっきりします。
横使いすると、中低域のエネルギー感がましますが、定位があいまいになります。

なかなか、面白いユニットですよ。

Commented by okamoto-arch at 2009-08-17 04:19
mamboさん紹介のHPに載っている7258に付属のネットワーク商品化されていたのでしょうかね。
ボリュームらしきものが2つありますが、ウーハーとドライーバーのボリュームでしょうか
ドライバーだけで良いと思うのですが

このホーンは手で簡単に変形する材料で作られています。
結構内部損失が大きいのか、ホーンが小さいためか
ホーン鳴きの影響が小さいように思われます。


7480モニターも気になりますね

この18"と12"は4583と同じシリーズのものでしょうか

クロスオーバー周波数の設定はどうなっていたのかな

私の検索能力では7258も7480も紹介のHP以外出てきませんでした。
GAUSSの情報は本当に少ないですね。


<< 妙な同軸ユニット 発進      妙なユニット >>