2017年 04月 25日

久しぶりのやなさんAK4497DM

d0138082_06510299.jpg

 やなさんES9038DMの評価機が帰省しちゃったので、久しぶりにやなさんAK4497DMを聞いています。

あれれ、AK4497DMって、こんな音だっけ。
こんなに大雑把な音だったかな。

AK4497DMから、ES9038DMに切り替えた時は、さほど大きな差は無いかなと思った。
その違いに気付くのに少し時間が掛かったので、正直、これほど差があるとは思わなかった。。。。。。

しかし、I/V変換のトランスをLUNDAHL1538XLにしてもファインメットトランスに変えてもハイブリッドI/V変換トランスに変えてもそに差を縮めることが、出来ません。
d0138082_07091944.jpg
何がどう違うのか?
音の密度と言えば良いのかな。緻密さと表現した方が良いのかな。
こんなに差を感じるとは、正直思いませんでした。
帯域バランスは悪く無いし、音の立ち上がりも良い。
単独で聞いていると、悪いと感じるところは無い。



しかし、ES9038DMを聞き慣れた耳には、その差はわかる。

困ったな145.png



[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-25 06:50 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 04月 19日

やなさん ES9038DM DAC DSD v.s PCM

d0138082_05423816.jpg
 やなさんES9038DM DACでPCMの音を検証しました。
まずは、私の入力部の構成を明記しておきます。
ラズパイ→やなさんDAI基盤→やなさんAK4137P2D→やなさんES9083DM DAC→I/V変換トランスです。
DACまでの接続は全てI2S接続です。

 AK4137P2Dを使って、ラズパイの信号をPCM768KにアップサンプリングしてDACで再生させます。
毎度思うのですが、AK4137P2Dは本当にすばらしいです。入出力共にPCM・DSDが自由に選べて、出力サンプリングも自由に設定できます。
同時に、システムクロックをジッタークリーニングしてくれます。
現在在庫切れになっていますが、常時在庫して欲しい基板です。


 ES9038DMでPCMを再生しました。
あれれ、ノイズが出ています。
そういや、ES9038DMのPCM再生時の設定を全くやっていませんでした。

ES9038DMは設定項目が沢山あり、PCM・DSD・SPDIFそれぞれで設定します。
PCMの設定でデフォルトから、Sync ModeをNormaiモードからSync Modeに変更し、同期モードとします。
Slock SelectをSCLKx2とします。
JC Bandwidthは、最も厳しいLowestに変更します。
最もシビアで最高の音が期待できる設定です。101.png
d0138082_06205844.jpg
d0138082_07095789.jpg

 この設定で、PCMを再生します。




おおおノイズが消えました。

いや、良い音です。101.png101.png101.png
DSDとさほど差がありません。
PCMの音が良くなったと言われているAK4497DMでも、PCMとDSDでは、DSDの方が2ランクほど好みの音でしたが、
ES9038DMでは、それほど明確な差はありません。
少しだけ、DSDの方が良いように思いますが、プラシーボ効果が働いているかもしれません。
AKシリーズの、PCMの再生は明瞭で明るく切れが良いけど何か深みが足りない音でしたが、ES9038DMのPCMの音は、
私の好みの音に近づいていると思います。
PCMの音だけを較べると、AK4497DMよりも2ランク上の音が出ていると感じました。
DSDの音の差は、PCMほどありません。

ここで、問題となるのが、チップ内でDSD信号がどのように処理されているのかです。
DSDは電子ボリュームで音量を調整出来ないようです。
だとすれば、ES9038PRO内部で、DSDをPCMに変換している可能性があります。
また、ES9038PROの設定項目に、DSD信号の内部処理に関する設定項目が無いようです。
DSD信号の処理については、チップ自体の問題なので、どうしようもありません。


Bunpeiさんより、ES9038ProのDSD信号の電子ボリュームについてのコメントを頂きました。
下記を参照してください。
> DSDは電子ボリュームで音量を調整出来ないようです。
> だとすれば、ES9038PRO内部で、DSDをPCMに変換している可能性があります。

ESS Technology社のSabre32アーキテクチャはマルチレベルΔΣ変調出力です。一方DSD入力は1ビットΔΣ変調信号です。従ってDSD入力はES9038PROの中で何らかの非ΔΣのマルチレベル(これは普通のPCMと同じとは限りません)信号に変換された後、再びマルチレベルΔΣ変調処理されているはずです。途中の非ΔΣのマルチレベル信号の段階でボリューム制御が行われていることになります。
ところでマルチレベルΔΣ変調信号は2のべき乗の重み付のPCMではありません。ユーナリコーディングですので、重みが等しいディジタルスイッチが例えば64個ずらっとならび65レベルを表現するような形になります。

ES9038DMは、PCM音源を使っている人によりグレードアップ感が高いと思います。
とすれば、ES9038DMにあるSPDIFも期待が持てます。
CDPのデジタル信号を直接ES9038DMで再生する事も可能となります。


[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-19 06:59 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2017年 04月 16日

やなさん ES9038DM DAC I/V変換比べ

やなさんのES9038DM DACのI/V変換方法を検証しました。
大出力のES9038PROを片チャンネル1個使っているので、I/V変換が重要になってきます。
d0138082_10362147.jpg
d0138082_10393883.jpg
今回試したのは、Lundahl1538と1538XLとトンビさんからお借りしているファインメットトランスその他手持ちのタムラのトランス2
それと今回やなさんがES3098DM用に開発したI/Vオペアンプ2とやなさんのハイブリッドI/Vオペアンプです。





d0138082_10410281.jpg
まずは、前回の投稿で使ったLundahl1538XLです。
DACの出力は-20dBに設定しています。
いいです。
DACの出力を-0dBに設定すると、ばたばたした感じになります。
許容入力を越えていると思われます。

次はLundahl1538です。
DACに出力は-20dBです。
今までは使っていたDACでは、Lundahl1538の方がLundahl1538XLよりも高域が伸びて抜けの良い音でしたが、今回は逆の結果です。
ES9038DM DACに関しては、Lundahl1538XLの方が良さそうです。





d0138082_10414728.jpg
d0138082_10433462.jpg
d0138082_10434932.jpg
次に、トンビさんにお借りしたファインメットトランスTLT1010ssJです。
最近、評判のトランスです。
大きさは、Lundahl1538XLの8倍ほどありそうです。
さてどんな音でしょうか。
いいですね。
プラシーボ効果もあるでしょうが、間違いなくLundahl1538XLより、余裕があり音に色気があります。
ES9038DMはどちらかというと寒色系の音ですが、少し暖かみが加わります。
DACの出力を-0dBに設定しても、余裕を感じます。
電子ボリュームの影響でしょうか、-0dBの方が、わずかですが、音の抜けが良くなるような気がします。





d0138082_10464704.jpg
次にやなさんのI/Vオペアンプ2です。
シングル回路のオペアンプが2個ダブル回路のオペアンプが8個使われています。
まずは-20dBで再生です。
Lundahl1538XLに近い音ですね。
少し、低域のボリューム感が減ったかな。
ゲインを-0dBにします。
ファインメットトランス同様、余裕を感じます。
大出力DACの良さを発揮するには、これくらいの大がかりなアンプが必要ななるようです。
d0138082_10483674.jpg
シングル回路オペアンプをやなさんLHの0032ディスクリートアンプに交換します。
わずかですが全体に音の立上がりが良くなったように思います。
オペアンプの良さは、オペアンプを交換することで、自分の好みの音が追求できること出でしょうね。
私の性格上、泥沼に陥りそうで、怖いです。^^;



次は、やなさんの真空管を使ったハイブリッドI/V変換アンプです。
DACのゲインを-20dBでは音が歪みまくりです。
-37dBにすると少し改善されましたが、歪みがあります。
やなさんが言われるとおり、ハイブリッドI/V変換アンプを使うには9028DMでない使えないかな。



番外編です。
d0138082_10502020.jpg
d0138082_10513178.jpg
タムラがOEM生産した大きなトランスです。600:10Kとなっています。
10K:600で使いました。
おお、こちらも-0dBでも余裕を感じます。
いいですね。
しかし、帯域が狭いです。
長く聞いていると、物足りなくなります。
細かなニュアンスが感じられないです。
電話回線にでも使われたトランスなんでしょうか。


d0138082_10525039.jpg
もう一つタムラのTD-167です。
Lundahl1538XLよりは、少し大きいけどあまり期待できないかな
600:600で使います。
まずは-20dBです。
あれれ、結構良いですね。
少なくともLundahl1538XLと同程度の音です。
-0dBでも、ばたばたした感じにはなりませんが、-10dB当たりが最も良い感じです。

じっくり聞けば聞くほど良いです。
緻密でES9038DM DACの個性と同じ傾向の音です。

緻密で寒色系の音を求めるのであれば、タムラのTD-167
スケールの大きな暖色系の音が好みなら、ファインメットトランスTLT1010ssJでしょうか。

ES3098DMのI/V変換トランスに関しては、未知な部分が多いです。
トランスの一次側が10kΩあると、ES9018DMは電圧出力になるようです。
なので、トランスの一次側のインピダンスは10kΩほどあった方が良いと思われます。
(でも、600:600ΩのTD-167でも、問題ありませんでしたので、無責任モードです。)
また、トランスにの許容入力が大きい方が良いと思います。

Lundahl LL1540当たりが良さそうな気がするな。その他LL1527やLL7401も気になります。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-16 11:13 | オーディオ&音楽 | Comments(13)
2017年 04月 07日

やなさん ES9038DM DAC

d0138082_21022146.jpg
 やなさんのES9038DM DACが完成しました。
ES9038PRO を片チャンネル一個、計2個使ったDACです。
ES3098PROは、一個に8チャンネル、しかもチャンネルあたり4個のDACが内蔵されているので、片チャンネル32パラで駆動しています。
そのため、出力も大きく、電流も多く流れるモンスターDACです。

 AK4497EQも素晴らしいDACチップですが、ES9038PROは、さらに性能が高いと言われています。
でもDACチップの性能が良いからと行って音が良いとは限りません。

 I/V変換は、いつも使っている真空管ハイブリッドI/V変換アンプでは、DACの出力が大きいために音が歪む可能性が高いので、
ルンダール1538XLトランスを使います。
入力部の構成は、ラズパイ(PCM出力)→やなさんDAI基盤→AK4137P2D(DSD512に変換)→ES9083DM DAC→ルンダール1538XL→プリです。


d0138082_19444265.jpg



 どんな音か楽しみです。



あれ、普通の良い音です。
期待し過ぎたのかな。^^;




 しかし、20分ほど経った頃に、端正な音で情報漏れのない正確な音だということに気付きました。
今まで、埋もれていた音に、時々ハッとします。

 徐々に音量を上げると、このDACの良さが確認できます。
聴けば聴くほど新しい発見があります。
端正な描写だけれど力強く、音の抜けが良くて空間描写が自然です。
ES9018S DMの帯域を広げ、力強さと躍動感が加わり、S/Nが良くなったような音です。
音量を上げても、音が崩れません。
特に解像度が高いとは感じませんが、しかし、女声コーラスの人数が多くなったように感じます。

 もっといろんな音楽を聴かないと、このDACの能力を知ることができませが、現状でシステム全体のパフォーマンスが1ランク上がったように感じます。




今、使っているAK4497DMも素晴らしく、これ以上のDACが有るのだろうかと思っていましたが・・・・・・




有りましたね。
AK4497 DM と単純比較はできませっんが、我が家の環境ではES3098DM DACの方が好みの音です。

とある人曰く
DACはカートリッジみたいなものですが、高性能化されていくと、個性が無くなっていくような気がしています。
特にESS社は色付けをしない方向に最初から向かっています。
AKM社は、最初は機能や性能アップをやっていて、ここ数年は音の色付けに向かったようです。


どちらのアプローチも正しいと思います。
ES9038PROは高性能化によって、他のDACチップにない突き抜けた無個性という個性が生まれたように感じられます。
一人でも多くの人が、やなさんのES9038DM DACを聞かれるといいなって思います。

やなさん 毎度、素晴らしい製品の開発ご苦労様です。

 近日中に、発売になると思います。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-07 19:43 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 04月 03日

volumioの音源

d0138082_16461373.jpg
 どうでも良いことかもしれませんが・・・・・
事務所のラズパイは、遠く離れたオーディオルームに設置してあるNASの音源をLAN経由で使っています。
今日、音楽データーをUSB_HDDにコピーして、ラズパイに直接つないで音出ししました。

 ほんのわずかですが、音抜けが良く、重心が少し下がり、聞きやすくなりました。
低域も弾むし、
でも、大きな差じゃないですよ。

事務所の音源はUSB_HDDを使うことにします。
遠くのNASより、近くのUSBと言うことでしょうか。


事務所で、良い結果が得られたので、オーディオルームでも試してみます。
オーディオルームにNASを設置してあり、ラズパイと同じスウィッチングハブにつないであります。


さほど、NASとUSB_HDは、差がないと思います。

ちょい待てよ。
2015年1月号のSTEREOに付属していたノイズフィルターES-おt4をHDDとラズパイの間に入れて聴いてみます。
d0138082_20581060.jpg
あらら、これは効果大です。
USBノイズクリーナーを入れると、きめ細やかになります。
外すとざらざらした音に聞こえます。
麻と絹の肌触りの違いに似ています。
オーディオルームのHDの調子が今一なので、新しいHDにすればもう少し良くなるかもしれません。
当面、音源はNASとUSB_HDDを併用します。







[PR]

# by okamoto-arch | 2017-04-03 19:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)