2016年 11月 30日

kazzアンプ岡本号の初段管

d0138082_00134146.jpg
4550システムのメインアンプは、低域がKazzアンプ6336Appです。
高域は、Kazzアンプ421Aps 通称岡本号です。
どちらも、友人のKazzさんに作って頂いたものです。
この二つのアンプは、マルチの高域と低域で使われることを想定して作ってもらいました。
6336Appは、MC2500の代打ではないのです。
出力管の6336Aと421Aは、どちらも双極レギュレーター管です。
初段感は、同じ真空管を使っていて、WE421Aに代表される広帯域電圧増幅3極管です。
d0138082_00353326.jpg
私が所有しているのは、4種類です。
左からRAYTHEON5842 NEC6R-H2 WE417A AMPEREX5842です。
どれもほぼ同じ規格で、差し替えが可能です。

6336Appの初段管は、RAYTHEONの5842WAを使っています。
力強く音の輪郭がカチッとしています。
421Apsの初段管は、NECの6R-H2を使っています。
響きが美しいくソフトな音ですが、今回低域のアンプで使っているRAYTHEONに取り替えてみました。
新品なので、エージングが必要です。
1週間後に評価したいと思います。


[PR]

# by okamoto-arch | 2016-11-30 00:10 | オーディオ&音楽 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 28日

JBL 4550補強工事再開その10

d0138082_14454369.jpg
じゃ~ん!
ついに補強工事終了です。






補強工事と同時に耐震工事も行いました。

d0138082_15401110.jpg
以前はこんな感じでした。
大きな地震があると、ホーンとドライバーは床に落ちてしまうでしょう。

そこでこんなものを作りました。
d0138082_15421684.jpg
倉庫にあった手持ちの材料で作ったホーンスタンドです。
これは、JBL2440用です。
これよりも、一回り大きなJBL2482用のホーンスタンドと合わせて4台作りました。
統一感に問題がありませんが、私のスキルを考えれば上出来です。
d0138082_15464820.jpg
d0138082_15543025.jpg
2440の上にGauss1502が載せられるようにプチ工夫。
配線を済ませて・・・・







次は

d0138082_15492930.jpg
ウーハーを取り付けて
d0138082_15500238.jpg
背面バッフルを外して、正面から見ると、面白い姿を見ることが出来ました。(*^_^*)







さて、音出し準備が整いました。
d0138082_17201238.jpg
低域のパワーアンプMcIntoshのMC-2500が不調のため、kazzさんの6336App号を使います。
高域は、以前と同じkazzさんの421Aps岡本号です。

さて、どんな音がでてくるでしょうか?
低域は改善されたでしょうか?

期待と不安が交錯しています。




[PR]

# by okamoto-arch | 2016-11-28 21:27 | オーディオ&音楽 | Trackback | Comments(10)
2016年 11月 26日

JBL 4550補強工事再開その9

4450の補強作業も佳境に入りました。
ホーン部の塗装をします。
マイルスも心配そうですね。

d0138082_20405698.jpg
まずは、パテ埋めをします。
硬化したら、ペーパーを掛けます。
d0138082_20444872.jpg

そしてマスキングして、塗装開始です。
仕上がりを考慮して、スプレーで塗装しました。
オーディオルームの窓を全開にして、掃除機で空中を舞う塗料を吸い取りながら作業をしました。
部屋中、シンナーが広がります。
頭がくらくらする前に外に出て新鮮な空気を吸い込みます。
思ったようには、進みませんでした。
室内でのスプレーは、ちょっと無謀だったようです。
しかし、仕上がりには、満足しています。

d0138082_20502024.jpg
塗り重ねれば、もっと綺麗になると思うけど、その前に私がいかれてしまいそうなので、これで塗装は終了です。

d0138082_20531342.jpg
一気にセッティングと思いましたが、重いホーンを持ち上げるエネルギーが無くなりました。
無理をすると怪我をしそうなので今夜はここまで


[PR]

# by okamoto-arch | 2016-11-26 20:37 | オーディオ&音楽 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 22日

JBL 4550補強工事再開その8

天板の取り付けが終わり、いよいよ補強工事は佳境を向えています。

エンクロージャー内部の吸音材貼りの準備です。
使わなくなった掛け布団を裁断して裁断部分をミシンで縫って吸音材にします。
d0138082_11562089.jpg
d0138082_10165328.jpg
綺麗ですね。
JBLの内部を日本の伝統的な模様で覆うのも良いかもね。
d0138082_10282599.jpg
先日製作した、不格好なズボンの様な吸音材と厚手のフェルトを使って4550内部に吸音材をタッカーで止めていきます。
タッカーで止めた部分は、へこみとなるので、音が乱反射する事をイメージしながらタッカーを打っていきます。

d0138082_10214194.jpg
結構いい感じでしょ。

残りは、フロント部分です。


[PR]

# by okamoto-arch | 2016-11-22 10:25 | オーディオ&音楽 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 17日

JBL 4550補強工事再開その7


d0138082_14582897.jpg
d0138082_14590013.jpg
天板取り付けに作業に取り掛かります。
まずは、カンナで塗装をあらあらと落とし、出っ張り部分を削ります。
次にサンダーで簡単に磨きます。
これで、貼り付け面の準備が出来ました。

d0138082_14595917.jpg
d0138082_15003992.jpg
天板を乗せて、クランプなどで固定方法を検討します。

ホーン部分は天板から、ビス留めするので、先にビスの位置をマーキングして、下穴を開けておきます。
d0138082_05235588.jpg
次に4550の天板にネダボンドを塗ります。
欠けた部分はネダボンドを盛り、へらで平らになるように成型しながら、全体に素早く塗ります。
構造用合板の接着面は、抜け節や割れた部分を重点的に塗ります。
そして新しい天板を乗せ、位置合わせをしてクランプなどでしっかり固定したら、ひたすらビスを打ちます。
d0138082_15012018.jpg
ビス留め所要時間2時間。
作業時間3時間。
片チャンネル無事終了です。
d0138082_15020841.jpg



[PR]

# by okamoto-arch | 2016-11-17 22:52 | オーディオ&音楽 | Trackback | Comments(2)